ホーム > ジェンダー経済格差

ジェンダー経済格差

なぜ格差が生まれるのか、克服の手がかりはどこにあるのか

ジェンダー経済格差
著者、編者、訳者など 川口 章
ジャンル 経済
ISBN 978-4-326-50305-6
出版年月 2008年5月
判型・ページ数 A5判・292ページ
定価 本体3,100円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

男性と女性と企業の協カ・対立・駆け引き──雇用制度と性別分業とビジネス慣行、その相互依存構造。ワーク・ライフ・バランス社会は実現しうるか、根本から問う。

男性の平均賃金や就業率は女性より高い。男性と女性では労働/育児の時間配分が違う。程度の差はあるが、ほとんどすべての国で共通の経済活動指標における男女間格差、つまり「ジェンダー格差」は何によって生じるのか。ゲーム理論を用いてそのメカニズムを理解し、日本的雇用制度と性別分業の相互依存関係を理論・実証両面で解明する。
第51回 日経・経済図書文化賞受賞

このページのトップへ

目次

序章 ジェンダー経済格差とは何か:課題と分析方法

 1.問題意識
 2.国際比較
 3.本書のアプローチ
 4.本書の構成

第1章 ジェンダー経済格差は男女の適性の違いから生じるのか:
      教育・就業選択の諸理論

 1.課題と構成
 2.生物学的性差仮説と社会環境仮説
 3.経済合理的選択仮説
 4.まとめ

第2章 なぜ企業は女性を差別するのか[Ⅰ]:
      非合理的差別の諸理論

 1.課題と構成
 2.差別の定義
 3.嗜好による差別
 4.非合理的差別の類型
 5.まとめ

第3章 なぜ企業は女性を差別するのか[Ⅱ]:
      統計的差別の諸理論

 1.課題と構成
 2.能力格差に基づく賃金差別のモデル
 3.離職確率格差に基づく採用差別のモデル
 4.政策的インプリケーション
 5.まとめ

第4章 現実は理論を支持しているのか:
      差別の実証分析

 1.課題と構成
 2.先行研究
 3.データ
 4.非合理的差別の検証
 5.統計的差別の実証分析
 6.まとめ
 補論 記述統計量

第5章 ジェンダー経済格差を生み出すメカニズムは何か

 1.課題と構成
 2.ジェンダー経済格差を生み出す構造
 3.「企業における女性差別的雇用制度」と
   「家庭における性別分業」の相互依存関係
 4.「企業における女性差別的雇用制度」と
   「WLBを無視したビジネス慣行」の相互依存関係
 5.「家庭における性別分業」と
   「WLBのためのインフラの不備」の相互依存関係
 6.企業による採用ゲームと国民による投票ゲームの結合
 7.まとめ
 補論 第3節のモデルの均衡の導出

第6章 なぜ日本の雇用制度のもとでは女性が活躍しにくいのか

 1.課題と構成
 2.内部労働市場
 3.日本的雇用制度と性別分業の相互依存関係
 4.<企業における女性差別的雇用制度=家庭における
   性別分業>均衡からの脱却
 5.まとめ

第7章 結婚や出産によって賃金はどう変わるのか:
      結婚・出産プレミアムの男女比較

 1.課題と構成
 2.結婚プレミアム/ペナルティと出産プレミアム/
   ペナルティの定義
 3.先行研究
 4.デー夕
 5.推定結果
 6.まとめ
 補論 記述統計量

第8章 男女が働きやすい職場とは:
      均等化施策とワーク・ライフ・バランス施策が
      賃金と就業継続意欲に及ぼす影響

 1.課題と構成
 2.予想される結果
 3.分析方法
 4.推定結果
 5.まとめ
   補論1「社員が知っている育児支援制度数(個人属性調整済)」
        の導出方法
   補論2「本人以外の社員か知っている育児支援制度数
       (個人属性調整済)」の導出方法
 6.まとめ

第9章 革新的企業では女性が活躍しているのか:
      コーポレート・ガバナンス/経営改革と女性の活躍

 1.課題と構成
 2.データ
 3.実証モデル
 4.ステークホルダーと雇用制度/経営改革
 5.推定結果
 6.まとめ

終章 ワーク・ライフ・バランス社会実現をめざして

 1.これまでの議論のまとめ
 2.政府によるWLB政策
 3.情報開示政策

参考文献
あとがき
索引

このページのトップへ