ホーム > 開発経済学と台湾の経験

開発経済学と台湾の経験

アジア経済の発展メカニズム

開発経済学と台湾の経験
著者、編者、訳者など 朝元 照雄
ジャンル 経済
ISBN 978-4-326-50254-7
出版年月 2004年10月
判型・ページ数 A5判・224ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

開発経済学の手法に忠実に則って、台湾経済の発展過程と政府の役割を分析する。

本書では、転換点モデル及びクズネッツの逆U字型曲線を使い台湾経済の発展過程を実証研究したのち、スカイライン・マップ分析により日本と台湾の産業連関分析を考察する。さらに、RCA指数と貿易特化係数を使い重層的追跡過程からプロダクト・サイクル理論の生成─成長─成熟─衰退の軌跡を観察する。また、政府の役割、産業政策の具体策とその国家の制度能力、中小企業の役割に言及する。

関連書:同著者 『現代台湾経済分析』(小社刊)

このページのトップへ

目次

第1章 転換点と逆U字型曲線
──開発経済学による実証研究──

1. 転換点と逆U字型曲線の理論
2. 賃金変化の趨勢
3. 転換点の確認
4. 賃金格差と所得分配:逆U字型曲線の検証

第2章 日台産業連関分析
──産業構造のスカイライン分析と構造変化──

1. スカイライン分析
2. 台湾の産業連関分析
3. 日本の産業連関分析

第3章 産業の国際競争力分析
──欧米・日本・アジアNIEs・中国・東南アジア──

1. 国際競争力の構造様態(1):民生用電子機器と家庭用電気機器
2. 国際競争力の構造様態(2):通信機器と事務用機器
3. 製品の国際競争力の重層構造

第4章 経済発展戦略と政府の役割
──台湾のケース・スタディー──

1. 経済の発展過程における農復会の役割
2. 経済の発展過程における経済計画機構の役割

第5章 産業政策と国家の制度能力
──台湾のケース・スタディー──

1. 幣制改革と農地改革(戦後~1940年代)
2. 輸入代替工業化(1950年代)
3. 輸出志向工業化(1960年代)
4. 第2次輸入代替工業化(1970年代)
5. 産業の高度化と経済の自由化・国際化(1980年代)
6. グローバル時代のハイテク産業発展期(1990年代)
7. 緑のシリコン・アイランド構築期(2000年以降)
8. 国家の制度能力の検証

第6章 経済発展における中小企業の役割
──台湾のケース・スタディー──

1. 中小企業の定義、発展時期と位置づけの変化
2. 貿易動向と海外投資の動向
3. 雇用動向と賃金動向
4. 財務管理、資金調達と運用の実態

初出論文
あとがき──開発経済学を知るための文献
事項索引
人名索引

このページのトップへ

関連書籍

台湾の経済発展

台湾の経済発展

朝元照雄 著

著者:朝元 照雄
 
 

このページのトップへ