ホーム > アジアの国際分業とロジスティクス

アジアの国際分業とロジスティクス [慶應義塾大学地域研究センター叢書]

アジアの国際分業とロジスティクス
著者、編者、訳者など 根本敏則編
川嶋弘尚
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-50151-9
出版年月 1998年7月
判型・ページ数 A5判・304ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

通貨危機,政情不安を表面化させながらも流動し,なお成長拡大を続けるアジア経済における生産・物流の課題を,国際分業や情報インフラなど広い枠組みの中で詳しく具体的に解説。

このページのトップへ

目次

【目 次】

はじめに

序 章 ロジスティクスの概念

第1章 アジア経済のグローバル化と物流

第2章 アジアにおける生産分業と物流体制

第3章 アジア国際物流市場のダイナミズム

第4章 アジアにおける物流インフラの現状と課題

第5章 物流における情報通信技術の革新と将来展望

終 章 新しいアジアロジスティクスをめざして


編集・執筆者紹介

このページのトップへ