ホーム > 著作権法コンメンタール1

著作権法コンメンタール1

1条~22条の2

著作権法コンメンタール1

条文解説にとどまらず、あらゆる文献や判例、立法の経緯、他の立法例や条約、実務の扱いにも目配りした現場対応型コンメンタール。

著者、編者、訳者など 半田 正夫
松田 政行
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-40252-6
出版年月 2009年1月
判型・ページ数 A5判・964ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

デジタル時代を迎え激流の中にある著作権法の百出する議論を踏まえ、考えられるあらゆるケースについて解説する。単なる条文解説にとどまらず、立法の経緯や条約との関係、外国の立法例にも言及し、あらゆる文献や判例を参照しつつ、契約実務、権利者団体等による処理実務などの実務の扱いにも目配りした。これからの法を創造、リードし役に立つ現場対応型のコンメンタールである。著作権法の到達した最高研究水準をさらに高め、浸透している実務刊行を幅広く取り上げ、研究、実務に大きく裨益する。

各巻の構成
1巻 1条~22条の2
2巻 23条~90条の3
3巻 91条~124条、附則、著作権等管理事業法

このページのトップへ

目次

はしがき
凡例
本書の特色

第1章 総則
 第1節 通則
 第2節 適用範囲

第2章 著作者の権利
 第1節 著作物
 第2節 著作者
 第3節 権利の内容
 
著作権法等改正一覧
事項索引
判例索引

執筆者紹介

このページのトップへ