ホーム > 法解釈の言語哲学

法解釈の言語哲学

クリプキから根元的規約主義へ

法解釈の言語哲学
著者、編者、訳者など 大屋 雄裕
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-40239-7
出版年月 2006年11月
判型・ページ数 A5判・240ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

法の解釈は誰がやっても同じになるのか。法は客観的に存在するものか、それとも、われわれの行為によって作られるものか。法律家の果たすべき役割とは何だろうか。

後期ウィトゲンシュタインを中心とした言語哲学の成果を手がかりにして、規則にしたがうこと、意昧を知ること、解釈することなどの行為の性質を検討し、法解釈をいかに理解すべきか、根本的に考える。法解釈とは正解を見つけ出す作業などではない。法的現実という人工物を作り出し、不可能を可能にしていくわれわれの行為にほかならない。

このページのトップへ

目次

第1章 「法解釈」とは何か
1.1 問題の所在
1.2 法的判断モデル
1.3 法的判断モデルへの批判
1.4 法的判断の定位

第2章 「解釈」とは何か
2.1 解釈の規約主義モデル
2.2 意味は解釈により示される:ドゥウォーキンとフィッシュ

第3章 「解釈」と実践の探求
3.1 クリプキの「懐疑的パラドックス」
3.2 意味は実践のなかに示される:パターソンとヤブロン
3.3 懐疑的解決の問題点
3.4 「懐疑的パラドックス」と法理論
3.5 正当化の理論

第4章 規範物語りと意味
4.1 二つの懐疑論
4.2 根元的規約主義
4.3 正当性に関するデカルト的地平
4.4 意味の制作理論

第5章 解釈と法
5.1 補足と展望
5.2 運動としての法に向けて

おわりに
参考文献
索引

このページのトップへ