ホーム > 刑法総論講義ノート 第3版

刑法総論講義ノート 第3版

刑法総論講義ノート 第3版
著者、編者、訳者など 日髙 義博
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-40232-8
出版年月 2005年4月
判型・ページ数 B5判・256ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

平成16年改正刑法に対応。流れ図と設例を豊富に盛り込み、簡潔な叙述と見易い構成で、刑法総論の理論体系を具体的に解説する。

刑法総論で要求される抽象的な基本概念や体系的思考に結び付いた論理操作について、著者の一貫した立場から他説との比較をまじえつつ、分かり易く説明する。刑法理論が事案においてどのような適用結果をもたらすかを自ら検討し、法的思考力と事案解決力とを身に付けるうえで最良の講義ノート。

関連書:『刑法各論講義ノート〔第三版〕』(小社刊)

このページのトップへ

目次

【目 次】

第3版はしがき/第2版はしがき/はしがき

第Ⅰ編 刑法の基礎理論

 第1章 刑法および刑法学
 第2章 刑法の機能
 第3章 刑法の基本原則
 第4章 刑法理論の発展過程
 第5章 刑罰の本質
 第6章 刑法の効力

第Ⅱ編 犯罪論

 第1章 犯罪の概念と犯罪論体系
 第2章 犯罪の主体・客体および類別
 第3章 構成要件論
 第4章 違法性論
 第5章 責任論
 第6章 未遂犯論
 第7章 共犯論
 第8章 罪数論

第Ⅲ編 刑罰論

 第1章 刑罰の種類および軽重
 第2章 刑の適用
 第3章 刑の執行
 第4章 刑の消滅
 第5章 保安処分

索引

このページのトップへ