ホーム > 財政の適正管理と政策実現

財政の適正管理と政策実現 [財政法講座]

財政の適正管理と政策実現
著者、編者、訳者など 日本財政法学会
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-40228-1
出版年月 2005年5月
判型・ページ数 A5判・320ページ
定価 本体3,700円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

財政法的健全性確保へ向け、主義、制度、最重要領域の諸政策を財政法的視点から総点検する。

本講座は、山積する財政の諸問題に対する財政法の規律の重要性が高まっている中、創立20年を迎えた日本財政法学会が総力を結集、財政法の原則、財政管理、各分野の財政、地方財政等、財政法を多面的・総合的に検証して理論的到達点を明らかにし、財政法の針路を示すことを目的としている。

このページのトップへ

目次

第1章 会計年度独立主義……稲生信男
第2章 特別会計……田中治
第3章 公会計制度の改革……小林麻理
第4章 入札・契約に関する問題……近藤哲雄
     ──公共事業の適正な執行の観点から──
第5章 フランス財務省メディアトゥールの創設……伊藤悟
第6章 会計検査の基本的機能……平澤明
第7章 会計事務職員の弁償責任……甲斐素直
第8章 社会福祉と財政……小林弘人
第9章 医療保険財政……中島照雄
第10章 介護保険の現状と財政改革……坂本忠次
第11章 保育所利用関係と財政……田村和之
第12章 環境対策と税財政……伊藤悟
第13章 国土整備政策と財政……西谷剛
第14章 国立大学法人に関する若干の考察……中川義朗
      ──独立行政法人としての「特性」と教育研究の「自由」の狭間のなかで──
第15章 財政からみた男女共同参画推進政策……藤野美都子

このページのトップへ