ホーム > 入門ミクロ経済学 [原著 第7版]

入門ミクロ経済学 [原著 第7版]

入門ミクロ経済学 [原著 第7版]
著者、編者、訳者など ハル・ヴァリアン
佐藤 隆三 監訳
ジャンル 経済
ISBN 978-4-326-95131-4
出版年月 2007年3月
判型・ページ数 A5判・688ページ
定価 本体4,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

ミクロ経済学の山頂を究める、全米の大学で採用されている最良のテキストの最新版。「ゲームの応用」「行動経済学」の章を新たに追加。

アメリカの一流の学者が執筆しただけあって非常に分かりやすかったです。翻訳も自然な日本語だと思いました。(男性 29才 会社員)

このページのトップへ

目次

1章 市  場
2章 予算制約
3章 選  好
4章 効  用
5章 選  択
6章 需  要
7章 顕示選好
8章 スルツキー方程式
9章 売  買
10章 異時点間の選択
11章 資産市場
12章 不確実性
13章 危険資産
14章 消費者余剰
15章 市場需要
16章 均  衡
17章 オークション
18章 技  術
19章 利潤最大化
20章 費用最小化
21章 費用曲線
22章 企業の供給
23章 産業の供給
24章 独  占
25章 独占行動
26章 要素市場
27章 寡  占
28章 ゲームの理論
29章 ゲームの応用
30章 行動経済学
31章 交  換
32章 生  産
33章 厚  生
34章 外 部 性
35章 情報技術
36章 公 共 財
37章 非対称情報

索引

<読者の声> 大学図書館で知った。できれば演習問題の訳もつけてほしかったと思いました。日本のミクロ経済学の教科書より良くできていると思う。(女性 21歳 学生)

このページのトップへ