ホーム > 太宰治 含羞のひと伝説

太宰治 含羞のひと伝説 [松本健一伝説シリーズ]

太宰治 含羞のひと伝説
著者、編者、訳者など 松本健一
ISBN 978-4-326-95044-7
出版年月 2009年2月
判型・ページ数 292ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

「含羞のひと」=太宰治が、昭和十年代から敗戦後の「時代」をどう生き抜いていったのか。文学を正面にすえ、〈太宰治とその時代〉を映し出した太宰治私論。

文化と書いてハニカミとルビをふれ、といったのは、太宰治である。ハニカミは、本音を笑いでごまかしつつ表明する、弱きものの抵抗の方法といってよいだろう。ハニカミを別の言葉でいえば、含羞である。含羞は弱きものとしての太宰治の文化(生きるかたち)であった。これが、本書を『太宰治 含羞のひと伝説』と名づけたゆえんである。

このページのトップへ

目次

Ⅰ 太宰治とその時代
   一 含羞のひと
   二 時代と<自然>
   三 <滅亡>の自己肯定
   四 抵抗精神の形象化
   五 ユダの逆説
   六 デカダンスの馴致
   七 語り部の時代的意味
   八 民族的エトスの陥穽
   九 虚妄の意識
   十 滅びへの秘かな決意
  十一 最後の闘い
  十二 絶望的求愛の言葉を残して……

Ⅱ 太宰治と私たち
   太宰の永遠性
     久世光彦氏との対談
   隠れ太宰ファンが描く太宰の美しい死
   あざやかな出来ばえの小説──『謎の母』

増補・新版 あとがき

このページのトップへ