ホーム > 丸山眞男 八・一五革命伝説

丸山眞男 八・一五革命伝説 [松本健一伝説シリーズ]

丸山眞男 八・一五革命伝説
著者、編者、訳者など 松本健一
ISBN 978-4-326-95043-0
出版年月 2008年7月
判型・ページ数 288ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

<1945・8・15=無血革命>ととらえた丸山眞男の足跡。8月15日はどのような日として仮構されたのか。戦後日本の出立者丸山眞男の思想形成過程の核心にせまる。

「昭和20年8月15日、日本に無血革命があった。」──この壮大な仮構(フィクション)をつくりあげたことによって、政治思想史学者だった丸山眞男は、<戦後最大の思想家>として屹立した。本書は、丸山眞男が仮説した、その仮構意識はどのようなかたちで生まれてきたのか、つまり思想形成過程の中に入っていった、はじめての丸山眞男論。

このページのトップへ

目次

Ⅰ 丸山眞男 八・一五革命伝説

  はじめに──「無血革命」という言葉
  戦争そして被爆体験
  日本の軍隊の前近代性
  「国体」イデオロギーと主権在民
  「民主革命」という仮構(フィクション)
  八・一五は敗戦の日
  “戦後精神”としての「民主憲法」
  丸山さんをめぐる若干の思い出
  ネーションの独立と「平和憲法」問題
  佐久間象山論あるいはナショナリズムの論理
  「開国」をめぐって
  ムラ共同体は「国体の最終細胞」か
  原理主義という思想軸をめぐって
  「無限遡及」的な超国家主義
  橋川文三の反措定
  永遠の八・一五──おわりに

Ⅱ 「八・一五革命伝説」まで

  ヴェニスの肉塊── 一九七三年の丸山眞男論
  理念としての近代──丸山眞男.大塚久雄論
  知的エリート意識の原基──丸山学派論
  『「文明論之概略」を読む』書評
  丸山眞男さんの思い出
  丸山眞男さんを送る

Ⅲ  「八・一五革命伝説」以後
 
  八・一五革命という仮構
  丸山眞男と日本思想史研究

  増補・新版 あとがき


<読者の声>
著者の個人的な思い出とともに丸山眞男の思想が論じられており、非常に面白かった。「国民」や「政治」について考える際の必読書だと思う。(男性 34歳 自由業)

このページのトップへ