ホーム > 応用経済分析への接近

応用経済分析への接近 [現代経済学研究]

応用経済分析への接近

理論経済学の最先端を究める学術研究誌。

著者、編者、訳者など 西日本理論経済学会
ISBN 978-4-326-93393-8
出版年月 2007年11月
判型・ページ数 A5判・258ページ
定価 本体4,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

インドネシア経済危機と所得格差の変化――社会会計行列からの接近[新谷正彦]

麻薬規制の公共政策――アンデス諸国におけるコカ規制の展開[薮田雅弘・江口雅之]

市場生産と家計生産の代替がもたらすインパクト――無償労働SAM based CGEモデルによる分析[牧野好洋・有吉範敏・市岡修・作間逸雄・佐藤勢津子・浜田浩児]

環境SAMの構築と環境政策のCGE分析[谷口昭彦・作間逸雄・有吉範敏・市岡修]

知識基盤経済における高齢化とイノベーションの理論分析[野田英雄]

間接交換と情報収集の費用[関根順一]

貸手責任の環境事故抑止効果とモラルハザード[後藤大策]

シュタッケルベルグ・微分ゲームにおける研究開発投資――研究開発投資に関するマクロ経済分析[秋本耕二]

Bank Regulation and Private Benefit of the Regulator[Shinya Shimoda]

会社更生法と債権者行動のミクロ経済分析[野崎竜太郎]

利得行列の分解によるゲームの変換と解の維持性[高尾健朗]

学会記事

このページのトップへ