ホーム > 人的投資、所得格差、雇用の経済学

人的投資、所得格差、雇用の経済学 [現代経済学研究]

人的投資、所得格差、雇用の経済学

理論経済学の最先端を究める学術研究誌。

著者、編者、訳者など 西日本理論経済学会
ISBN 978-4-326-93391-4
出版年月 2005年9月
判型・ページ数 A5判・208ページ
定価 本体4,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

教育成果の不確実性と所得格差[坂上智也・永田美紀]

知的財産政策と内生的経済成長[野田英雄]

研究開発により生じる人口格差と所得格差の関係[岡田知之]

性役割分業の存立条件――ゲーム理論モデルによる分析[松尾匡]

マイクロシミュレーションにおける個人・世帯のライフサイクル[川島秀樹]

賃金交渉と内生的シュタッケルベルグ均衡[高見博之・中村保]

PFI契約の有効性[三浦功]

最適課税構造と納税申告[佐藤秀樹]

自己資本比率規制と銀行貸出[西脇廣治・劉利源]

私的整理における債務者と債権者の結託と非効率性[野崎竜太郎]

学会記事

このページのトップへ