ホーム > 地域をつくる

地域をつくる [中京大学文化科学叢書]

東海の歴史的社会的点描

地域をつくる
著者、編者、訳者など 大橋 博明
ましこ・ひでのり
赤坂 暢穂
ジャンル 文学・芸術・ノンフィクション
ISBN 978-4-326-84864-5
出版年月 2008年4月
判型・ページ数 A5判・288ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

東海地方の地域づくりを軸にした、歴史的社会的「点描」群。連続する時空の社会現象の歴史的意味と社会的位置を推測する。

このページのトップへ

目次

はじめに

 第一部

第一章 豪農竹村広蔭にみられる江戸末期の規範意識 大橋博明
  はじめに
  一 広蔭が置かれた家政・村政に関わる状況
  二 広蔭と学問
  三 広蔭の規範意識
  おわりに

第二章 幕末における和学者八木美穂の教育活動 大橋博明
  はじめに
  一 八木家の課題と美庸の生活規範
  二 美穂の学究の過程
  三 教育の目的
  四 教育の内容
  五 教育活動の様態
  おわりに

第三章 明治への過渡期の教育 大橋博明
     ──豊橋藩漢学寮・皇学寮と三河県修道館を事例として──
  はじめに
  一 漢学寮
  二 修道館
  三 皇学寮
  おわりに

第二部

第四章 中山間地域における地域づくりと住民 赤坂暢穂
     ──岐阜県旧加子母村を事例として――
  はじめに
  一 岐阜県旧加子母村の概況と地域づくりの特徴
  二 地域づくりの経緯
  三 地域づくりの現状と課題
  おわりに

第三部 

第五章 偽装リサイクル製品としてのフェロシルトと不法投棄の隠蔽工作 ましこ・ひでのり
  はじめに
  一 事件の背景と経緯
  二 社会問題化後の経緯と事件の構図
  三 事件の本質
  おわりに

第六章 『岐阜県史』問題再考 ましこ・ひでのり
     ──産廃行政に関する「県史」等の記述の政治性――
  はじめに
  一 事態の経緯
  二 問題の本質
  三 『御嵩町史 通史編 現代』の刊行
  おわりに

このページのトップへ

関連書籍

ヨーロッパ文化の光と影

ヨーロッパ文化の光と影

文化科学叢書編集委員会 編

 
 

このページのトップへ