ホーム > ゴダールと(複数の)映画史

ゴダールと(複数の)映画史 [映画の21世紀]

ゴダールと(複数の)映画史
著者、編者、訳者など カイエ・デュ・シネマ・ジャポン
ジャンル 文学・芸術・ノンフィクション
ISBN 978-4-326-84856-0
出版年月 2000年1月
判型・ページ数 A5判・208ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

メインの特集はゴタールの新作=大作=問題作である「映画史」とイタリアからの新しい風・モレッティ、そして黒沢清の新作を起点とした日本映画の現在。★ゴタールの「映画史」は、映画とは何かというゴダールの問いかけでありかつ、作品それ自体が私たちの興奮を呼び起こす問題作である。新作とゴダールの現在を論ずる。★モレッティの新作「エイプリル」は、瑣末さの袋小路に入っている現代映画シーンへの問題提起であり、映画とは、映画を撮るということとは何かという根本に再考を促す作品だ。★黒沢清作品「カリスマ」「大いなる幻影」を論ずる。★ほか、ブレッソン、ホークス、カラックス、諏訪敦彦「M/OTHER」を取りあげる。

このページのトップへ

目次


バックナンバーあります。

1 ヌーヴェルヴァーグの現在       本体価格 1800円
    ●エリック・ロメール「パリのランデブー」
    ●じゃっく・リヴェット「パリでかくれんぼ」
    ●ドゥルーズのよるヌーヴェルヴァーグ
    ●ヌーヴェルヴァーグの後継者たち
    ●ロッセリーニについての手紙

2 ミュージック+シネマ         本体価格 1800円
    ●ペドロ・アルモドバル「私の秘密の花」
    ●ジャン・ユスターシュ「ママと娼婦」
    ●シネフェリーはどこへ行くのか
    ●「インタヴュー」蓮實重彦―映画はもう大衆娯楽ではない―
    ●音楽から映画へ

3 映画のジオグラフィー         本体価格 2200円
    ●エドワード・ヤン、北野武、青山真治
    ●メディア時代の映画
    ●「対話」ドゥルーズ―脳髄、それは遮蔽幕だ
    ●「対話」ポール・ヴィリリオ―ナントの爆撃
    ●映画のヨーロッパ再考

4 進化する脳の映像           本体価格 1800円
    ●ラース・フォン・トリアー「奇跡の海」
    ●アルノー・デプレシャン「そして僕は恋をする」
    ●パシカル・ボニーゼ「アンコール」
    ●カサヴェテスの希薄さに向けて
    ●ジャン・ルノワールと複数の鍵

5 顔の掲示               本体価格 2000円
    ●フィリップ・ガレル「愛の誕生」「秘密の子供」
    ●侯孝賢「憂鬱な楽園」
    ●アンドレ・テシネ「夜の子供たち」
    ●デビィット・リンチ「ロスト・ハイウェイ」
    ●諏訪敦彦「2/デュオ」

6 ゴダールとストローブ=ユイレによる映画 本体価格 2200円
    ●ストローブ=ユイレ全作品上映のために
    ●「対話」ゴダールxセルジュ・ダネー
    ●「インタヴュー」フィリップ・ソレルス
    ●黒沢清「CURE」x青山真治「冷たい血」
    ●アルノー・デブレシャン再見

7 パリ/東京シネマ1997―1998  本体価格 1800円
    ●パリ・秋のフェスティヴァル―大島渚、鈴木清順
    ●「インタヴュー」北野武―湖みたいな海がいい―
    ●カイエ・デュ・シネマ週間―パスカル・フェラン
    ●東京国際映画祭―ユーセフ・シャヒーン
    ●山形国際ドキュメンタリー映画祭―F・ワイズマン

8 クリント・イーストウッドの肖像    本体価格 1800円
    ●「インタヴュー」イーストウッド「真夜中のサバナ」
    ●アラン・レネ「恋するシャンソン」
    ●エイベル・フェラーラ「ブラックアウト」
    ●ジャック・ランシェールのクロニック

9 アルモドバル/アレン/阪本順治/ポダリデス 本体価格 1800円
    ●ペドロ・アルモドバル「ライブ・フレッシュ」
    ●ウディ・アレン「地球は女で回っている」
    ●阪本順治「愚か者」
    ●フランス映画祭横浜’98
    ●「インタヴュー」ブリュノ・ポダリデス

10 エリック・ロメール/黒沢清/映像のサッカー本体価格 1800円
    ●エリック・ロメール「恋の秋」
    ●黒沢清「ニンゲン合格」
    ●映像のサッカー「特別篇」
    ●ロカルノ国際映画祭

11 ヌーヴェルヴァーグ40年       本体価格 1800円
    ●シャルル・テッソン「映画観・世界観」
    ●セルジュ・ダネー「ヌーヴェルヴァーグのように生き残ること」
    ●「鼎談」オリヴィエ・アサイヤス、クレール・ドゥニほか
    ●アモス・ギダイ、世界への眼差し

12 戦争・映画・オーディオヴィジュアル  本体価格 2000円
    ●ポール・ヴィリリオ「破壊許可証」
    ●パスカル・ボニゼール「戦争・映画・オーディオヴィジュアル」
    ●青山真治「シェイディ・クローヴ」
    ●黒沢清―カンヌ映画祭報告―

13 ゴダールと(複数の)映画史      本垰価格 2000円
    ●ゴダール「(複数の)映画史」
    ●ハワード・ホークス「リオ・ブラボー」
    ●ナンニ・モレッティ「エイプリル」
    ●黒沢清「カリスマ」「大いなる幻影」

このページのトップへ