ホーム > 芸能と祭祀

芸能と祭祀 [神奈川大学人文学研究叢書]

芸能と祭祀
著者、編者、訳者など 神奈川大学人文学研究所
ジャンル 歴史・地理
ISBN 978-4-326-80039-1
出版年月 1998年2月
判型・ページ数 A5判・224ページ
定価 本体3,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

西欧・中国・日本における民族芸能・演劇に関する比較研究論集。東西の民族芸能に相通じる「人間として普遍的な精神性」が、各国・各地域の事象を通じて明瞭に著されている。

このページのトップへ

目次

はしがき

降誕劇と茶番劇が描く三幅対祭壇画[石井美樹子]

自然・人間・祝祭――デッカー喜劇の喜劇性[奥田宏子]

贋作『ドン・キホーテ』の宗教性――作者アベリャネーダの素姓を巡って[岩根圀和]

中国の仮面芸能――江西省楽安県の事例[廣田律子]

中国の唱導演劇――湖南省辰河高腔の目連劇を中心に[吉川良和]

アマノイワヤ段考――アメノウズメの新しい読み[テリー=シャーウィン]

演じるということ――芸能=神遊びから芸術=能へ[橋本侃]

執筆者一覧

このページのトップへ