ホーム > 芸術学ハンドブック

芸術学ハンドブック

芸術学ハンドブック

作品/美学・芸術学の動向/社会の推移……総合的知識のもとに美術史理解を活性化する。躍動する現代の手引書。

著者、編者、訳者など 神林恒道
潮江宏三
島本浣
ジャンル 文学・芸術・ノンフィクション
ISBN 978-4-326-80023-0
出版年月 1989年4月
判型・ページ数 A5判・302ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

「美術史の歴史と方法」「美術のジャンルと技法」「美術と社会」の3部構成の概説書。「美術とは何か」をはじめ、作品内容、デザイン史、メディア論に及び、包括的で便利。

このページのトップへ

目次

第Ⅰ部 美術史の歴史と方法
 序
 1 美術とは何か
 2 美学と芸術学
 3 様式史としての美術史
 4 精神史としての美術史
 5 イコノロジー
 6 美術史研究の現在
 7 リヴィジョニズム――近代美術史の新潮流
 8 時代区分について
 9 古典主義とロマン主義
 10 美術の近代
 11 現代美術の状況

第Ⅱ部 美術のジャンルと技法
 序
 1 歴史画
 2 肖像画
 3 風景画
 4 静物画
 5 風俗画
 6 カリカルチュア
 7 モザイク
 8 壁画
 9 タブロー
 10 素描
 11 版画
 12 彫刻

第Ⅲ部 美術と社会
 序
 1 美術と批評
 2 作品の鑑定
 3 アート・マーケット
 4 美術館・画廊・展覧会
 5 美術教育
 6 近代デザインの展開
 7 マスメディアと美術

現代美術用語解説
あとがき
事項索引
人名索引

このページのトップへ