ホーム > 文学的芸術作品

文学的芸術作品

文学的芸術作品
著者、編者、訳者など R.インガルデン
瀧内槇雄
細井雄介
ジャンル 文学・芸術・ノンフィクション
ISBN 978-4-326-80020-9
出版年月 1982年12月
判型・ページ数 A5判・440ページ
定価 本体5,900円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

現象学の立場から文学的作品を構造分析し、声音形像の層、意義統一の層、図式化された象面の層、呈示された対象の層の四層結合による多声的性格を明らかにする。

このページのトップへ

目次

第1篇 予備的問題
 第1章 発端の問題
 第2章 文学的作品の組成に属さない形象の排除

第2編 文学的作品の組成
 第3章 文学的作品の根本構造
 第4章 声音形象の層
 第5章 意義統一の層
 第6章 文学的作品における意義統一層の役割
 第7章 呈示される対象像の層
 第8章 図式化された象面の層
 第9章 図式化された象面の層の文学的作品における役割
 第10章 文学的芸術作品における呈示された対象像の役割といわゆる作品の「理念」
 第11章 文学的作品のおける継起の順序

第3篇 補完および結論
 第12章 境界事例の考察
 第13章 文学的作品の「生」
 第14章 文学的作品の存在的位置
 第15章 文学的芸術作品についての最終考察

附録 演劇における言語の機能について

原注
訳者あとがき
ローマン・インガルソンの哲学的著作

このページのトップへ