ホーム > 有形学へ

有形学へ [吉阪隆正集]

集住論(集住とすがた)

有形学へ
著者、編者、訳者など 吉阪隆正
ISBN 978-4-326-74822-8
出版年月 1985年5月
判型・ページ数 A5判・300ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

品切れ・再版未定

このページのトップへ

目次

【目次】
Ⅰ 有形学の提案
 有形学の提案―人間と物質の新しい結びつき
 仮称「有形学」というような学問は何故必要か?
 有形学へ
 有形学を提唱する―感性人間の起爆力

Ⅱ 世界的視野で
 世界的視野で
 民族相互理解のために
 日本の都市・世界の都市

Ⅲ 有形学へのアプローチ
 有形学へのアプローチⅠ
 見えない領域から見える領域へ
 意識、生きがいと物的環境
 生活とかたち(有形論)

Ⅳ ユーケロジーとエコロジー
 ユーケロジーとエコロジー
  1 ユーケロジーとエコロジー
  2 具象と抽象
  3 価値の変動ともののかたち
  4 人工環境と人間生活

Ⅴ 生活とかたち
 『生活とかたち』(有形学)
  1 生活とかたち(有形学)
  2 拠点を選ぶ
  3 広がり
  4 外角と内角と
  5 熟練、洗練
  6 規模拡大
  7 階層区分
  8 過剰、破局、彼岸
  9 文化や文明の伝播交流
  10 人口革命とその後
  11 江戸時代の例
  12 時空のブツ切り
  13 異質間の調整
  14 結び目としての単位
  15 視点と視野
  参考文献

解説・後記
 解説 有形学は可能か...............川添登
 後記 ...............大戸徹 後藤春彦

このページのトップへ