ホーム > 建築の発想

建築の発想 [吉阪隆正集]

造形論(環境と造形)

建築の発想
著者、編者、訳者など 吉阪隆正
ISBN 978-4-326-74816-7
出版年月 1986年12月
判型・ページ数 A5判・268ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

品切れ・再版未定

このページのトップへ

目次

【目次】
Ⅰ 世界の声に答える
 意義ある行為は常に世界の声に答える:レオポルドビル文化センター
 光が闇の中を:箱根国際観光センター
 栃木県立博物館を栃木県の名所にするための四項目
 コンクリート壁の表情

Ⅱ 日本館をつくる
 ヴェニス・ビエンナーレ・日本館
 ヴェニス・ビエンナーレ・日本館への構想
 ビエンナーレ・日本館
 ヴェニスの日本館
 ヴェニス通信(抄)

Ⅲ 学校をつくる
 宇宙時代の建築
 『ある学校』
 海星学園
  海星学園の設計
  新しい空間
 呉羽中学校
 アテネ・フランセ
  アテネ・フランセの設計
  アテネ・フランセ校舎に対して日本建築学会作品賞を与えられて
 南山小学校計画案
 台湾・東海大学

Ⅳ 原理から構成へ
 ファサードについての断章
 江津市役所:市民との構造的接触
 日仏会館
  ブロックプランのつくられる過程
  組み合わせと順列
  設計ということについて
 ”木”のマーク
 天竜川治水記念碑の設計に寄せて
 目時の児童公園
 西行の歌碑について
 生駒山・宇宙科学館
 吉阪家墓

Ⅴ ことばから姿へ
 形への総合に関するノート―大学セミナー・ハウス建築構想の経過―
 大学セミナー・ハウスの設計者として
 ことばから姿へ 姿がことばに
 新たな地平を求めて
 建築の一生と建築計画

Ⅵ ディテールを謳う
 建築におけるディテールの意味

付・作品リスト

解説・後記
 解説 吉阪隆正の『建築について』........M・シュパイデル
 後記 .....................島田幸男

このページのトップへ