ホーム > 住居の形態

住居の形態 [吉阪隆正集]

生活論(人間と生活)

住居の形態
著者、編者、訳者など 吉阪隆正
ISBN 978-4-326-74813-6
出版年月 1986年9月
判型・ページ数 A5判・270ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

品切れ 再版未定

このページのトップへ

目次

【目次】
Ⅰ 造形との出会い
 プレリュード―私はなぜコンクリートにこだわるのだろう
 住居デザイン論

Ⅱ ある住居―自邸
 パリからの手紙
 『ある住居・一つの試み』
 人工土地の家

Ⅲ 設計というドラマ
住宅を設計するとは
 夙川の家―浦邸
  書簡=設計者から施主浦氏へ
  正方形を二つ組み合わせる
  夙川の家
 設計表現の合理化―図面における新しい試み
 ヴィラ・クゥクゥ―近藤邸
  アパート病対策を思いつつ
  2+1=2
  ヴィラ・クゥクゥ
 コンクリートで住宅を作る

Ⅳ 形の意味を求めて
 形の意味を求めて―壁と柱と床の発生
 外部の内部の部分
 プランと生活
  練馬の家―及川邸
  国分寺の家―十河邸
  豪徳寺の家―丸山邸
  茅ケ崎の家―竹田邸
  鵠沼の家―赤星邸
  成城の家―樋口邸
  葉山の家―三沢邸
 私の住宅論

Ⅴ わが住いの変遷史
 わが住いの変遷史
  誕生の前後
  幼年期の頃
  少年期頃のテリトリー
  ジュネーヴのお屋敷で
  下宿時代
  1945年5月25日焼失
  同居から単居まで
  もう一つの経験
  「薩摩会館」での二年間
  アルゼンチンでの二年間
  百人町での改装と拡大
  ボストンでの転機
 自邸・その後
  自邸
  実験家屋に住む
  春の一番のり

解説・後記
 解説.........................植田實
 後記.........................斎藤祐子 

このページのトップへ