ホーム > 都市型社会のコミュニティ

都市型社会のコミュニティ [社会心理学選書]

都市型社会のコミュニティ
著者、編者、訳者など 奥田道大
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-69834-9
出版年月 1993年4月
判型・ページ数 四六判・260ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

コミュニティの舞台としての現代社会の変化を、地域の現場からとらえることに努め、21世紀へ向けての意欲的なシナリオを多彩に描いたテキストである。

このページのトップへ

目次

はじめに

第Ⅰ章 現代にとってコミュニティとは何か
 1 コミュニティ、そして家族の定義
 2 コミュニティ形成の座標軸
 3 コミュニティ形成の今日的意味

第Ⅱ章 都市化とコミュニティ――欧米の場合
 1 都市化先進地帯・メガロポリスのゆくえ
 2 都市化の三段階説
 3 大都市・フィラデルフィアの経験に学ぶ

第Ⅲ章 都市化とコミュニティ――日本の場合
 1 一九八〇年代の人口動態
 2 東京一極をどう視るか
 3 関西都市圏の衰退と再生

第Ⅳ章 郊外コミュニティの風景
 1 下町から山の手、そして郊外へ
 2 郊外団地風景の変容
 3 第一次ベビーブーム世代の地域観

第Ⅴ章 柔らかな生活都心を求めて
 1 都心の二つの顔
 2 地域と結ぶ「自治」の空洞化
 3 都心地区再生の手掛かりとは

第Ⅵ章 まちづくり・むらおこし再考
 1 「新・遠野物語」から
 2 地域自立化のシナリオ
 3 大都市と地方を結ぶもの

第Ⅶ章 人間関係の新しい様相とは
 1 都会人の慎みとエネルギー
 2 「日出町」のフィールドワークから
 3 従来の「都市―農村」軸に代わるもの

第Ⅷ章 コミュニティの集団文化
 1 自発的=ボランタリーとは
 2 「人と組織」に関するモデル事例
 3 新しい中間領域の開拓

第Ⅸ章 コミュニティ・リーダー像をさぐる
 1 組織の「長」の時代の終わり
 2 まちづくりを担うリーダーの生き方とは
 3 新世代に見る「リーダー」と「フォロアー」の関係

第Ⅹ章 地方自治体のコミュニテイ・プラン
 1 個性あるコミュニティ・プランへ
 2 たとえば、『考えながら歩くまちづくりの提言』にみると
 3 時代の新しい流れをつくる自治体計画

第ⅩⅠ章 地域の成熟化を読む――その一
 地域の成熟化とは

第ⅩⅡ章 地域の成熟化を読む――その二

このページのトップへ