ホーム > 心とコミュニケーション 第二版

心とコミュニケーション 第二版 [人間環境学シリーズ]

精神環境の探求

心とコミュニケーション 第二版

生を支えうる精神環境をいかにして再建するかという視角から、心理と臨床/言語とコミュニケーションの研究の再定位の方向を示唆。

著者、編者、訳者など 竹市明弘
田畑洋子
渡辺雄三
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-69811-0
出版年月 2003年8月
判型・ページ数 四六判・352ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

1999年に岡崎市に創設された人間環境大学は、21世紀にふさわしい総合的な知という構想のもと、人間環境/精神環境/歴史・文化環境の3専攻を設け、 特色ある研究・教育をおこなっている。持続可能な文明を展望する第1巻『人間環境の創造』、われわれ自身の文化固有の歴史性を考察する第3巻『日本文化の21世紀』の全3巻より成るシリーズ第2巻の第二版。心理と言語の研究の接点を探る試み。

このページのトップへ

目次

人間環境学シリーズ第二巻「心とコミュニケーション」(第二版)によせて

序 「たましい」とは何か――精神環境の探求がめざすもの

Ⅰ 現代の人間と精神環境

Ⅱ 精神環境の基礎知識と考え方
 《臨床心理学》
 《言語コミュニケーション》

Ⅲ 心理と言語コミュニケーションの接点

Ⅳ 現実のなかの学問 人生としての学問
 《心理臨床分野》
 《言語コミュニケーション分野》

執筆者紹介

このページのトップへ