ホーム > ナチズムは夢か

ナチズムは夢か 新刊

ヨーロッパ近代の物語

ナチズムは夢か

ナチズムはドイツに固有の出来事、歴史上唯一の出来事か? 近代に固有の、これからも繰り返されうる、ありふれた結末ではないのか?

著者、編者、訳者など 南 利明
ジャンル 歴史・地理
ISBN 978-4-326-20056-6
出版年月 2016年10月
判型・ページ数 A5判・1024ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

ナチズムは、歴史上唯一無二の出来事ではなく、近代に固有の、これからも繰り返されうるであろう、ごくありふれた一つの出来事ではなかったか? ジェノサイドに至り着く悪魔の支配を生み出したナチス統治体制の淵源を、ルネサンスからニーチェまで、ヨーロッパ近代の歴史に探り、その正体を暴き出すことにより、権力の暴走と不法支配再来阻止のための批判的視座の確立を目指す。

このページのトップへ

目次

はしがき

序 「ジェノサイドは近代的権力の夢であった」のか?

第Ⅰ部 夢のはじまり──ヨーロッパ近代の相貌と本質

第一章 科学的遠近法の誕生
 1 絵画の革新
 2 遠近法の科学的基礎づけ
 3 構成的技法としての遠近法

第二章 近代という時代
 1 端緒の起源への問い
 2 空間の個人化
 3 時間の個人化
 4 個人化の揺籃としての都市
 5 近代人の誕生
 6 自我意識と絵画の革新
 7 ルネサンスとは何であったのか?

第三章 自然科学の誕生
 1 コペルニクス革命
 2 方法の優位
 3 科学誕生の謎

第四章 近代の形而上学
 1 “De revolutionibus”
 2 コギト・エルゴ・スム
 3 主体と客体の形而上学
 4 世界像の時代
 5 主体性の形而上学
 6 機械装置

第五章 主体性の形而上学と近代国家
 1 法律─権力
 2 生─権力
 3 新たな人間類型の生産Ⅰ──訓育
 4 新たな人間類型の生産Ⅱ──育種
 5 パノプティコン

第Ⅱ部 夢の展開──ナチス・ドイツの憲法体制

第一章 ナチズムの世界観
 1 現存在に対する全体的支配
 2 大地をめぐる諸民族の戦い

第二章 合法革命
 1 ライヒ国会の解散・選挙
 2 全権授与法の成立
 3 合法革命の実行と完成

第三章 課題としての民族共同体の建設

第四章 運命共同体の建設──新たな人間類型の生産Ⅰ
 1 民族の精神的意思的統一の再建
 2 共同世界の溶解作業と強制的同質化
 3 党による全体教育
 4 行進する縦隊としての民族共同体
 5 民族の敵に対する対内戦争
 6 共同体と犯罪
 7 共同体と犯罪者
 8 共同体と刑罰
 9 特別裁判所と民族裁判所
 10 犯罪学的本性に対する人種生物学的闘争

第五章 種共同体の建設──新たな人間類型の生産Ⅱ
 1 神の御意思の実現
 2 婚姻の本質と目的
 3 婚姻・出産の奨励と多子家族の保護
 4 遺伝病者に対する断種と妊娠中絶
 5 婚姻に対する指導と管理
 6 ドイツ民族の人種改良
 7 反ユダヤ主義
 8 ユダヤ人商店のボイコット
 9 ユダヤ人立法の開始
 10 人種法律

第六章 指導者─憲法体制
 1 民族共同体と憲法体制
 2 指導者─憲法体制の構成原理
 3 指導者─憲法体制の非国家的性格

第七章 指導者─国家─憲法体制
 1 政権掌握とライヒ指導の受託
 2 党と国家の統一
 3 指導者兼ライヒ首相アドルフ・ヒトラー

第八章 指導者─国家─憲法体制と立法
 1 立法の新構成
 2 立法への党の関与
 3 立法権の指導者権力化
 4 民族指導と立法

第九章 刑法典編纂事業とその挫折
 1 刑法典編纂事業の開始と草案の完成
 2 法典編纂をめぐる党と国家の確執
 3 刑法典草案の審議とその結末
 4 立法の終焉

第一〇章 民族の生存法則の執行
 1 第二革命の制圧
 2 警察による予防的措置の執行
 3 戦時における人種衛生の展開
 4 ユダヤ人問題の最終解決

第一一章 血によって署名された永遠の法典

結語 夢の結末

あとがき

事項索引
人名索引

このページのトップへ