ホーム > 「正しい政策」がないならどうすべきか

「正しい政策」がないならどうすべきか 新刊

政策のための哲学

「正しい政策」がないならどうすべきか

実際に直面する政策課題から出発し、なぜいまそれが問題になっているのかを解明し理解する。哲学と政策の問いをつなぐ一つの方法。

著者、編者、訳者など ジョナサン・ウルフ
大澤 津
原田 健二朗
ジャンル 哲学・思想・倫理
政治
ISBN 978-4-326-15440-1
出版年月 2016年10月
判型・ページ数 四六判・340ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

伝統的な哲学は、正義の理論や共通善の説明を作り上げ、それが多くの政策課題についてもつ含意を示すというやり方で、政策の問いを考えてきた。しかし本書は、現実世界で直面する政策課題から出発し、哲学だけでなく、歴史学、社会学、科学的証拠を使い、なぜいまそれが問題になっているのかを解明し理解することを目指す。

このページのトップへ

目次

日本語版への序文
謝辞

序論

第一章 動物実験

第二章 ギャンブル

第三章 ドラッグ

第四章 安全性

第五章 犯罪と刑罰

第六章 健康

第七章 障碍

第八章 自由市場

第九章 結論


文献案内
訳者解説
参考文献
索引

このページのトップへ