ホーム > 実験政治学

実験政治学 [フロンティア実験社会科学] 新刊

実験政治学

実験手法との出会いが生み出す、政治学の新たな潮流。日本ではじめて結成された、政治学における実験研究グループの成果を紹介する。

著者、編者、訳者など 肥前 洋一 編著
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-34913-5
出版年月 2016年9月
判型・ページ数 A5判・224ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

本書は実験政治学の歴史的経緯や、その特徴をまとめ、さらに具体的なテーマにそって、どのような実験が行われたのかを解説する。たとえば投票参加の呼びかけや最低投票率の設定がもたらす影響について、それを検討するための手続きと実際の結果を示す。自らのリサーチ・クエスチョンを検討するための実験を考える上で、必読の一冊。

このページのトップへ

目次

フロンティア実験社会科学 刊行にあたって
はじめに

第Ⅰ部 政治学における実験研究の現在

第1章 政治学の実験研究の概要[谷口尚子]
 1.はじめに
 2.実験法の諸特徴
 3.実験法の長所と短所
 4.まとめと展望

第2章 政治学研究法のなかの実験[境家史郎]
 1.はじめに
 2.政治学研究の方法
 3.実験法の意義
 4.政治学実験のさらなる活用に向けて
 5.おわりに

第Ⅱ部 政治制度の選択と機能に関する実験研究

第3章 懲罰制度の決定の手続きが公共財供給に与える影響[成田洋平・上條良夫・船木由喜彦]
 1.はじめに
 2.理論モデル
 3.実験デザイン
 4.実験の実施手続き
 5.実験データと分析結果
 6.おわりに

第4章 多数派形成に関する調査実験[村上剛・荒井紀一郎・河野勝]
 1.はじめに
 2.先行研究と理論
 3.経済実験
 4.政治実験(1)
 5.政治実験(2)
 6.結論と考察

第5章 社会的圧力が投票参加に与える効果:日本におけるフィールド実験[山田恭平・荒井紀一郎]
 1.はじめに
 2.政治学におけるフィールド実験
 3.日本でのフィールド実験(Gerber and Yamada)
 4.フィールド実験における倫理問題

第6章 投票参加の実験室実験[谷口尚子]
 1.はじめに
 2.先行研究
 3.実験
 4.結論と考察

第7章 最低投票率の理論と実験[肥前洋一]
 1.はじめに
 2.フォーマルモデルによる研究
 3.実験室実験による研究
 4.おわりに

第8章 討議民主主義の実験[リヴィ井手弘子・境家史郎]
 1.はじめに
 2.討議民主主義の理論と実践
 3.討議民主主義に関する実験研究
 4.討議スタイルの実験:概要と特徴
 5.討議スタイルの実験:結果と議論
 6.おわりに

索 引
執筆者紹介

このページのトップへ