ホーム > 近代立憲主義と現代国家 新装版

近代立憲主義と現代国家 新装版

近代立憲主義と現代国家 新装版

フランス憲法学に即し憲法学の方法を検討、憲法学の基礎的な諸観念をイデオロギー批判の観点で再検討。

著者、編者、訳者など 樋口 陽一
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-40319-6
出版年月 2016年5月
判型・ページ数 A5判・352ページ
定価 本体4,400円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

若き日の著者は、40年前の論壇・政界で忘れられてた「立憲主義」の語をあえて、自身初となる単著の表題に据え、「論争の提起」を試みた。世紀を超え、本書の重要性が再び。1975年日本学士院賞受賞。

このページのトップへ

目次

第一部 憲法学の方法

第一章 フランスにおける憲法学の政治学的傾向
 第一節 戦前のフランス憲法学の潮流
     ──その概観
 第二節 戦後のフランスにおける憲法学の政治学的傾向
     ──憲法解釈および憲法科学と政治学

第二章 比較憲法学の体系のための試論
 第一節 憲法現象の類型学
 第二節 近代立憲主義とその現代的変容

第二部 「憲法の規範性」ということ──その歴史的性格についての試論

 第一章 市民革命期
 第二章 近代立憲主義確立期
 第三章 近代立憲主義の現代的変容期

補章
 第一節 「国民主権」と「直接民主主義」
 第二節 抵抗権──その論理構造と歴史的性格

付論 比較憲法学における特殊日本的性格の位置づけ
     ──日本国憲法再評価の視点として──

このページのトップへ