ホーム > ポスト西洋世界はどこに向かうのか

ポスト西洋世界はどこに向かうのか

「多様な近代」への大転換

ポスト西洋世界はどこに向かうのか

行き着くのは混沌か? 新たな覇権か? 西洋が世界を圧倒した原因を探り、西洋没落後の全く新しい「次の世界」を鮮烈に描く!

著者、編者、訳者など チャールズ・カプチャン
坪内 淳 監訳
小松 志朗
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-35167-1
出版年月 2016年5月
判型・ページ数 四六判・324ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

新興諸国が勃興し、西洋が相対的に衰退しているのはもはや自明の理だ。しかも、民主主義などの西洋的価値は魅力を失い、世界は政治的・思想的にも多様化しつつある。気鋭の政治学者カプチャンは、西洋勃興から21世紀までの世界の見取り図を新たに描き、西洋没落後の処方箋をクリアに示す。世界中で話題をさらった書がついに日本上陸!

このページのトップへ

目次

日本語版の序文
序文

第1章 大転換
 近代は一つではない?
 本書の論点
 本書の概要

第2章 西洋の勃興
 歴史物語
 中世ヨーロッパにおける政治勢力図の変化
 宗教改革
 宗教上の寛容と政治の多元性へ

第3章 直近の世界の大転換──西洋が世界を圧倒したとき
 オスマン帝国
 中国、インド、日本
 西洋のグローバル化

4章 次に来る大転換──非西洋の勃興
 厳然たる事実

第5章 西洋モデルとは異なる未来
 独裁
 神政政治
 ワンマン政治
 ポピュリズム
 民主主義諸国も一枚岩ではない
 グローバルなディセンサス

第6章 西洋の復活
 西洋の結束
 西洋に統治能力はあるのか
 堅実さの回復

第7章 誰のものでもない世界をどうまとめるのか
 新しい次の世界の原則

監訳者あとがき
原注
参考文献

このページのトップへ