ホーム > ネット炎上の研究

ネット炎上の研究

誰があおり、どう対処するのか

ネット炎上の研究

炎上はなぜ生じるのだろうか。炎上を防ぐ方法はあるのだろうか。炎上は甘受するしかないのだろうか。本書はこれらの問いに答える。

著者、編者、訳者など 田中 辰雄
山口 真一
ジャンル 経済
ISBN 978-4-326-50422-0
出版年月 2016年4月
判型・ページ数 A5判・256ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

インターネットが普及すれば多くの人が自由な議論の輪に加わり討論の民主主義が社会のすそ野に広がっていくと期待された。しかし論調は暗転し、ネット上での意見交換に悲観的な意見が増えてくる。この論調の暗転の大きな原因になったのがいわゆる炎上問題である。本書はこの炎上について定量的な分析を行うとともに、本書なりにその原因と社会としての炎上対策を示す。

このページのトップへ

目次

はじめに

第1章 ソーシャルメディアと炎上:特徴と発生件数
 1-1 炎上とは
 1-2 炎上の特徴
 1-3 炎上の発生件数推移と傾向
 1-4 参考となる論文・書籍
 1-5 ネットコミュニケーションのゆくえ

第2章 炎上の分類・事例・パターン
 2-1 炎上の分類
 2-2 Ⅰ型:反社会的行為や規則に反した行為(の告白・予告)
 2-3 Ⅱ型:何かを批判する,あるいは暴言を吐く・デリカシーのない発言をする・特定の層を不快にさせるような発言・行為をする
 2-4 Ⅲ型:自作自演,ステルスマーケティング,捏造の露呈
 2-5 Ⅳ型:ファンを刺激(恋愛スキャンダル・特権の利用)
 2-6 Ⅴ型:他者と誤解される
 2-7 炎上のパターンと予防・対処

第3章 炎上の社会的コスト
 3-1 情報発信の萎縮
 3-2 若干の統計的検討
 3-3 初期インターネットとの比較
 3-4 炎上対策の検討
 3-5 結語:炎上のコストは情報発信の萎縮

第4章 炎上は誰が起こすのか
 4-1 人々の炎上とのかかわり方
 4-2 データから見る炎上参加者のプロフィール
 4-3 炎上参加者属性の分析:年収の多い若い子持ちの男性が書き込み
 4-4 炎上参加行動に有意でない属性:ひとり暮らし,学歴,ネット時間等
 4-5 炎上の捉え方と予防方法

第5章 炎上参加者はどれくらいいるのか
 5-1 なぜ参加者数を調べるのか
 5-2 アンケート調査での炎上参加者数推定
 5-3 Twitterでの炎上参加者数推定
 5-4 炎上での直接攻撃者
 5-5 結語:炎上参加者はごく一握り

第6章 炎上の歴史的理解
 6-1 炎上の理解:集団極性化とデイリーミー
 6-2 近代化の歴史より
 6-3 草創期の力の濫用

第7章 サロン型SNS:受信と発信の分離
 7-1 炎上の真の原因
 7-2 サロンの構想
 7-3 自由参入かメンバーシップか
 7-4 結語:サロンの必要性

第8章 炎上への社会的対処
 8-1 炎上とのかかわり方とインターネットに対するイメージ
 8-2 政策的対応の検討
 8-3 炎上への規制対応は難しい

付録 炎上リテラシー教育のひな型

参考文献
索引


[本書で触れられる炎上事例]
第2章
NTTドコモプッシュトーク事件
UCC上島珈琲Twitterキャンペーン事件
ペヤング虫混入事件
グルーポンすかすかおせち事件
USJ迷惑行為事件
ラサール石井麻生太郎元首相批判事件
TSUTAYA不謹慎ツイート事件
倖田來未氏羊水が腐る発言事件
厚労省年金漫画事件TBS架空掲示板偽造事件
食べログやらせ業者事件
SCEPSPステルスマーケティング事件
Google急上昇ワードランキング事件
ペニーオークションステルスマーケティング事件
指原莉乃恋愛事件
北乃きい路チュー事件
大沢あかねブログ炎上事件
はるかぜちゃん名前勘違い事件
平野綾恋愛事件
黒田美帆混同炎上事件
しぎた博昭混同炎上事件
スマイリーキクチ中傷被害事件

第3章
グルーポンすかすかおせち事件
ソニーのPSPステルスマーケティング事件
ペニーオークションステルスマーケティング事件
はるかぜちゃん名前勘違い事件
平野綾恋愛事件
倖田來未氏羊水が腐る発言事件
コミケきんもーっ✩事件
五輪エンブレム事件
小保方STAP細胞事件
「福島はもう住めない」炎上事件
昆虫交尾図鑑事件
ご当地萌えキャラの炎上事件

第5章
ルミネCM炎上事件 
上西小百合事件 
張本・カズ引退事件
アンジェリカ結婚観事件
デモ割安倍くそったれ事件
藤原紀香バスガイド底辺事件

このページのトップへ