ホーム > 著作権法コンメンタール3 [第2版]

著作権法コンメンタール3 [第2版]

89条~124条、附則、著作権等管理事業法

著作権法コンメンタール3 [第2版]

平成21年、24年、26年法改正に対応した7年ぶりの改訂版。最新の理論水準と実務の取扱いを盛り込み、著作権法の現在を詳説。

著者、編者、訳者など 半田 正夫
松田 政行
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-40307-3
出版年月 2015年12月
判型・ページ数 A5判・1072ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

デジタル時代を迎え複雑多岐にわたる法に対する正確な理解のニーズに応えるべく、単なる条文の解説にとどまらず、立法の経緯や条約との関係、外国の立法例にも言及し、あらゆる文献や判例を参照しつつ、実務の扱いにも目配りした。わが国の研究者、実務家が総力を挙げた法を創造・リードし、実務に裨益する現場対応型の大注釈書である。

このページのトップへ

目次

第2版はしがき
はしがき
凡例
本書の特色

第4章 著作隣接権
第1節 総則
 89条 著作隣接権
 90条 著作者の権利と著作隣接権との関係
第2節 実演家の権利
 90条の2 氏名表示権
 90条の3 同一性保持権
 91条 録音権及び録画権
 92条 放送権及び有線放送権
 92条の2 送信可能化権
 93条 放送のための固定
 94条 放送のための固定物等による放送
 94条の2 放送される実演の有線放送
 95条 商業用レコードの二次使用
 95条の2 譲渡権
 95条の3 貸与権等
第3節 レコード製作者の権利
 96条 複製権
 96条の2 送信可能化権
 97条 商業用レコードの二次使用
 97条の2 譲渡権
 97条の3 貸与権等
第4節 放送事業者の権利
 98条 複製権
 99条 再放送権及び有線放送権
 99条の2 送信可能化権
 100条 テレビジョン放送の伝達権
第5節 有線放送事業者の権利
 100条の2 複製権
 100条の3 放送権及び再有線放送権
 100条の4 送信可能化権
 100条の5 有線テレビジョン放送の伝達権
第6節 保護期間
 101条 実演, レコード, 放送又は有線放送の保護期間
第7節 実演家人格権の一身専属性等
 101条の2 実演家人格権の一身専属性
 101条の3 実演家の死後における人格的利益の保護
第8節 権利の制限, 譲渡及び行使等並びに登録
 102条 著作隣接権の制限
 102条の2 実演家人格権との関係
 103条 著作隣接権の譲渡, 行使等
 104条 著作隣接権の登録

第5章 私的録音録画補償金
 104条の2 私的録音録画補償金を受ける権利の行使
 104条の3 指定の基準
 104条の4 私的録音録画補償金の支払の特例
 104条の5 製造業者等の協力義務
 104条の6 私的録音録画補償金の額
 104条の7 補償金関係業務の執行に関する規程
 104条の8 著作権等の保護に関する事業等のための支出
 104条の9 報告の徴収等
 104条の10 政令への委任

第6章 紛争処理
 105条 著作権紛争解決あつせん委員
 106条 あつせんの申請
 107条 手数料
 108条 あつせんへの付託
 109条 あつせん
 110条 報告等
 111条 政令への委任

第7章 権利侵害
 112条 差止請求権
 113条 侵害とみなす行為
 113条の2 善意者に係る譲渡権の特例
 114条 損害の額の推定等
 114条の2 具体的態様の明示義務
 114条の3 書類の提出等
 114条の4 鑑定人に対する当事者の説明義務
 114条の5 相当な損害額の認定
 114条の6 秘密保持命令
 114条の7 秘密保持命令の取消し
 114条の8 訴訟記録の閲覧等の請求の通知等
 115条 名誉回復等の措置
 116条 著作者又は実演家の死後における人格的利益の保護のための措置
 117条 共同著作物等の権利侵害
 118条 無名又は変名の著作物に係る権利の保全

第8章 罰則
 119条
 120条
 120条の2
 121条
 121条の2
 122条
 122条の2
 123条
 124条

附則
 1条 施行期日
 2条 適用範囲についての経過措置
 3条 国等が作成した翻訳物等についての経過措置
 4条 法人名義の著作物等の著作者についての経過措置
 4条の2 削除
 5条 映画の著作物等の著作権の帰属についての経過措置
 5条の2 自動複製機器についての経過措置
 6条 公開の美術の著作物についての経過措置
 7条 著作物の保護期間についての経過措置
 8条 翻訳権の存続期間についての経過措置
 9条 著作権の処分についての経過措置
 10条 合著作物についての経過措置
 11条 裁定による著作物の利用についての経過措置
 12条 登録についての経過措置
 13条 出版権についての経過措置
 14条 削除
 15条 著作隣接権についての経過措置
 16条 複製物の頒布等についての経過措置
 17条 権利侵害についての経過措置
 18条 罰則についての経過措置

著作権等管理事業法
第1章 総則
 1条 目的
 2条 定義
第2章 登録
 3条 登録
 4条 登録の申請
 5条 登録の実施
 6条 登録の拒否
 7条 変更の届出
 8条 承継
 9条 廃業の届出等
 10条 登録の抹消
第3章 業務
 11条 管理委託契約約款
 12条 管理委託契約約款の内容の説明
 13条 使用料規程
 14条 使用料規程の実施禁止期間
 15条 管理委託契約約款及び使用料規程の公示
 16条 利用の許諾の拒否の制限
 17条 情報の提供
 18条 財務諸表等の備付け及び閲覧等
第4章 監督
 19条 報告徴収及び立入検査
 20条 業務改善命令
 21条 登録の取消し等
 22条 監督処分の公告
第5章 使用料規程に関する協議及び裁定
 23条 協議
 24条 裁定
第6章 雑則
 25条 適用除外
 26条 信託業法の適用除外等
 27条 文部科学省令への委任
 28条 経過措置
第7章 罰則
 29条
 30条
 31条
 32条
 33条
 34条

著作権等改正一覧
事項索引
判例索引
執筆者紹介

このページのトップへ