ホーム > 入門・医療倫理III

入門・医療倫理III

公衆衛生倫理

入門・医療倫理III

公衆衛生活動や政策が固有に持つ倫理的・思想的諸問題を明示。グローバル化時代の国際的研究や医療問題を議論する際の枠組みとは。

著者、編者、訳者など 赤林 朗
児玉 聡
ジャンル 哲学・思想・倫理
福祉・医療
ISBN 978-4-326-10250-1
出版年月 2015年11月
判型・ページ数 A5判・324ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

新興感染症や生活習慣病リスクに対し公衆衛生的介入の必要性が現れてきた近年、従来の自己決定権重視型の生命・医療倫理学ではうまく議論できない状況が生じている。本書は英米圏の動向や日本の歴史を参考にしつつ、公衆衛生活動や政策が固有に持つ倫理的・思想的諸問題を明確に示し、新たな理論的枠組みを提示するものである。

このページのトップへ

目次

はじめに(赤林 朗)

Ⅰ 総論
 第1章 公衆衛生倫理学とは何か(児玉 聡)
 第2章 公衆衛生の歴史:欧米(額賀淑郎)
 第3章 公衆衛生の歴史:日本(1)概論(井上悠輔)
 第4章 公衆衛生の歴史:日本(2)主な関連法規(井上悠輔)
 第5章 公衆衛生活動と法(前田正一)

Ⅱ 政治哲学的基礎
 第6章 公衆衛生政策の政治哲学的基礎(児玉 聡)
 第7章 政治哲学の諸理論Ⅰ(島内明文)
 第8章 政治哲学の諸理論Ⅱ(島内明文)

Ⅲ 各論
 第9章 感染症対策(林 芳紀)
 第10章 疫学研究の倫理(松井健志・田代志門)
 第11章 健康増進(井上まり子)
 第12章 健康格差(児玉 聡・井上まり子)
 第13章 災害時における公衆衛生倫理(赤林 朗)

おわりに(赤林 朗・児玉 聡)

BOX一覧
事項索引/人名索引
執筆者紹介

このページのトップへ