ホーム > 社会関係資本の機能と創出

社会関係資本の機能と創出 [フロンティア実験社会科学]

効率的な組織と社会

社会関係資本の機能と創出

どのような制度や組織が社会関係資本として機能し、諸問題を解決して全体の効率性を高めるのか。理論、計量、実験的手法により検証。

著者、編者、訳者など 清水 和巳 編著
磯辺 剛彦 編著
ジャンル 教育・心理
経済
ISBN 978-4-326-34914-2
出版年月 2015年10月
判型・ページ数 A5判・200ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)は、社会的ネットワークとそこから生じる互酬性・信頼性の規範であり、協調行動を促し社会全体の効率性を改善する。本書は、特に企業という組織の行動に着目し、社会関係資本としてどのように社会的ジレンマを解決するのかといった、経済学と経営学の学際領域に位置づけられる問いを分析する。

このページのトップへ

目次

フロンティア実験社会科学 刊行にあたって
はじめに

第1章 行動契約理論――「エキゾチックな選好」を持つエージェントとプリンシパルの理論
伊藤秀史
 1. はじめに
 2. プリンシパルとエージェント
 3. エキゾチックな選好の導入
 4. 複数エージェント
 5. おわりに

第2章 企業の分配問題に最後通牒ゲームを用いた分析
日置孝一・後藤雅敏・山地秀俊
 1. はじめに
 2. 経営者と利益の分配
 3. 分配に影響する心理的特性
 4. 研究デザイン
 5. 分配行動の分析
 6. 結語

第3章 企業のリスク行動と予測能力による財務成果への影響
磯辺剛彦
 1. はじめに
 2. リスク行動と予測能力
 3. リスク行動と予測能力は財務成果にどう影響するか
 4. 実験の手続き
 5. 分析結果
 6. まとめ
 補講 アナリストによる景気動向調査

第4章 インターネット上での共創効果の計測とモデル化
青木輝勝
 1. はじめに
 2. 共創とソーシャルメディア
 3. 共創曲線の仮説とツリー型ソーシャルメディア共創制作システムAnimepediaの構築
 4. 共創効果の測定と考察
 5. まとめ

第5章 社会関係資本としての分業――現実の労力を投入する公共財供給と囚人のジレンマ実験による検討
宇田川大輔 清水和巳
 1. はじめに
 2. 本研究の背景と実験の目的および仮説
 3. 実験の概要
 4. 実験の結果と仮説の検証
 5. むすび

第6章 出身地の違いが市場取引に与える影響――中国における相対交渉実験による検証
瀋俊毅・下村研一・大和毅彦
 1. はじめに
 2. 理論モデル
 3. 実験のデザイン
 4. 実験結果
 5. 結論

第7章 信頼生成の社会的基盤と生理的基盤
渡部幹・加藤隆弘
 1. はじめに
 2. 社会関係資本としての信頼
 3. 信頼の生成:社会的アプローチ
 4. 大脳生理学的アプローチ
 5. 総括

第8章 好意には好意で, 悪意には悪意で――応報的行動の研究
森本裕子・渡部幹・清水和巳
 1. はじめに
 2. 研究の目的
 3. 実験のデザイン
 4. 結果と考察

索引
執筆者紹介

このページのトップへ