ホーム > 劇を隠す

劇を隠す

岩松了論

劇を隠す

「静かな演劇」の勃興期、語られるべき作家が語られなかった。「劇を隠した」真犯人、岩松了。演劇史のその欠落がついに埋められる。

著者、編者、訳者など 長井 和博
ジャンル 文学・芸術・ノンフィクション
ISBN 978-4-326-85190-4
出版年月 2015年9月
判型・ページ数 四六判・240ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

岸田戯曲賞受賞作に先だつこと2年、事件は静かに起こっていた。『お茶と説教』の初演である。劇作家・岩松了が劇を隠した。観客を置き去りにすることによってこそ成立しえた喜劇。それを一人の観客が見抜いた。『初日通信』連載の貴重な論評に手を加え、『市ヶ尾の坂』など語るべき作品群を通して「劇的なものの顕現と受容」を解く。

正誤表(PDF)

このページのトップへ

目次

はじめに
反ドラマティック・アイロニーのほうへ
嘘と秘密
謎とき「市ヶ尾の坂」
グラスが揺れるとき
ありふれた微細への偏執
あとがき

このページのトップへ