ホーム > 日本の地域金融機関経営

日本の地域金融機関経営

営業地盤変化への対応

日本の地域金融機関経営

2008年以降の環境の変化にともなう変動に向かって地域金融機関はいかに生き残るか。変化を織り込み将来展望を意識して分析する。

著者、編者、訳者など 堀江 康煕
ジャンル 経済
ISBN 978-4-326-50410-7
出版年月 2015年7月
判型・ページ数 A5判・356ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

本書では、具体的には2008年のリーマン・ショック後の金融機関の再編、東日本大震災、高齢化、人口減少の影響を分析する。また、前著では取り上げることの少なかった信用協同組合(信組)や農業協同組合(農協)も分析の対象に加え、地域における経済活動との関係を踏まえて、地域金融システムの将来像をとらえていく。

このページのトップへ

目次

はしがき

序章 分析の視点
 1. 地域金融機関と地域経済
 2. 分析の視点と地域金融システム
 3. 地域金融機関の行動
 4. 営業地盤の変化への対応

第Ⅰ部 地域金融機関の営業地盤と行動特性
第1章 地域金融機関の経営
 1. 先行研究の特徴と課題
  20世紀末に至る地域金融・地域性の研究
  20世紀末以降の研究の特徴
  先行研究の評価と課題
  地域経済の変化と金融機関経営
 2. 金融機関と営業地盤
  地域金融機関と営業地盤
  店舗立地と営業地盤
  営業地盤の対象範囲と算出
  営業地盤を表す指標
 3. 金融機関の「生産物」と経営効率
  従来の研究とその問題点
  金融機関の生産物と収入
  投入物と費用
  経営効率性の測定
 4. 地域金融機関の預貸金シェア構造
  業態別・地域別にみたシェア変化
  預貸率の変化

第2章 地域銀行の営業地盤
 1. 地域銀行の営業地盤
  はじめに
  県外店舗と県外貸出の割合
  営業地盤とする指標の算出
 2. 営業地盤の特徴
  業態別の動向
  市区町村ベースと都道府県ベース
  グループ別の特徴
 3. 県内外別にみた特徴
  県内外別の営業地盤
  中核都市型・地方都市型別にみた特徴

第3章 地域銀行の経営行動
 1. 経済活動の変化と利益
  営業地盤変化の影響
  グループ別にみた特徴
 2. 地域銀行の生産活動と営業地盤
  産出物と投入物
  産出・投入からみた変化
  コア利益率変化の要因分析
 3. 分析の含意と課題
  地域銀行のタイプ別分析の含意
  地域銀行の経営と分析の課題

第4章 協同組織を代表する信用金庫
 1. 信用金庫の営業地盤
  はじめに
  グループ別にみた信用金庫の営業地盤
 2. 信用金庫の経営効率性
  産出物と投入物
  DEAの概要
  測定結果とその意味
 3. 経営効率性の検証
  Malmquist指数の意味
  Malmquist指数の測定
 4. 経営効率性の変化
  効率性とその要因
  組織力の指標
  経営効率性の計測
 5. 信用金庫の課題
  タイプ別分析の含意
  分析の課題

第5章 信用金庫・信用組合の経営体力
 1. 経営体力の視点
  はじめに
  収益力と不良資産処理負担
 2. 地域金融機関の基礎的収益力
  基礎的収益力の概念
  金融機関の収益力指標
 3. 信用組合の特徴
  信用組合のグループ化
  グループ別にみた収益力
  収益力の変化
 4. 収益力を反映する地価動向
  経済活動の結果を表す地価
  タイプ別にみた営業地盤
 5. 不良資産の処理とその負担
  不良資産処理負担の実像
  信用金庫・信用組合における処理負担
  タイプ別にみた処理負担の変化
  有価証券売却益と処理負担
 6. 変動要因の分析と経営課題
  実勢経常利益率の変動要因
  不良資産処理負担の決定要因
  信用金庫・信用組合の経営課題

第6章 農業協同組合の金融活動
 1. 分析の視点
  はじめに
  先行研究の特徴と課題
 2. 農業と農業協同組合経営
  農業協同組合をめぐる環境の変化
  農家の経営規模
 3. 協同組織としての農業協同組合
  農林漁業関係機関の概要
  農業協同組合の機能と各事業の損益状況
 4. 地域金融機関としての農業協同組合
  地域金融における農業協同組合の地位
  JAバンクとしての活動
 5. 農業協同組合の営業地盤とグループ化
  営業地盤と分類
  グループ別にみた特徴
  組合員の変動
  貯蓄・貸出残高の変動要因

第7章 農業協同組合の経営効率性
 1. 信金・信組との対比でみた特徴
  グループ別の比較
  貯貸率と経営規模・組合員比率
 2. 合併と効率性:県別データによる解析
  経営規模と利益率
  合併と経営効率性
  測定結果と解釈
  Malmquist指数とタイプ別の動向
 3. 効率性の変動要因
  Malmquist指数に関する計測
  キャッチアップ効果に関する計測と解釈
 4. 農業協同組合の経営課題
  経営の現状
  預け金利鞘を通じた収益改善効果
  経営課題

第Ⅱ部 営業地盤の変化と対応
第8章 東日本大震災の影響
 1. 地震の規模と被害対象地区
  津波と原発事故の影響
  被害の考察対象地区
 2. 地域の経済活動に対する直接的な影響
  市区町村単位でみた大まかな試算
  津波等の影響に関する試算
 3. 地域金融機関の経営への影響
  狭義と広義
  地域金融機関の被害状況:狭義
  地域銀行・信用金庫・信用組合の被害状況:広義
  経営規模との関係
  農業協同組合・漁業協同組合・郵便局の被害
 4. 営業地盤への影響
  営業地盤の毀損状況
  趨勢的な変化との関係
 5. 金融機関経営への影響と対応
  短期的な影響
  震災3年後の金融機関経営
  分析の含意と課題

第9章 高齢化の進行
 1. 高齢化の進行と預金動向
  はじめに
  高齢化の進行と個人預金
  高齢者世帯における所得不足の動向
  年齢階層別にみた金融資産残高
 2. 高齢者世帯の金融資産残高と変動
  高齢者世帯における動向
  「世論調査」による確認
  個人預金の変動要因
 3. 市区町村ごとにみた高齢化の実情
  使用データとグループ化
  都市グループごとの特徴
 4. 営業地盤と金融機関経営
  金融機関の営業地盤とその変化
  営業地盤の変化が経営に及ぼす影響
  高齢化と地域金融機関経営

第10章 人口減少のインパクト
 1. はじめに
  人口減少の影響
  人口減少と営業地盤の変化
 2. 人口減少社会の到来と金融機関
  市区町村別の動向と金融機関の店舗配置
  金融機関の営業地盤を表す指標
 3. 業態別にみたインパクト
  営業地盤へのインパクト:概観
  地域銀行のタイプ別動向
  協同組織金融機関のタイプ別動向
  協同組織金融機関へのインパクト
 4. 収益面へのインパクト
  人口減少と収益力
  収益力への影響に関する計測と解釈
  営業地盤タイプ別の計測と解釈
  不良債権への影響

第11章 環境変化への対応と地域金融システム
 1. 高齢化への対応
  高齢化と店舗数・人員配置との関係
  高齢化が店舗・人員配置に及ぼす影響
  高齢化に関する計測結果とその解釈
 2. 信用金庫・信用組合の店舗戦略
  店舗の配置転換
  新規出店の効果
  新規出店による効果の限界
 3. 地域金融システムの評価
  協同組織金融機関の近未来
  地域金融機関の存在意義

終章 地域金融システムの課題
 1. 経営の環境変化と金融活動
 2. 地域金融機関の行動特性
 3. 経済環境の変化と対応
 4. 地域金融システムの再編

参考文献
索引

このページのトップへ