ホーム > 応用経済学研究 第8巻

応用経済学研究 第8巻 [応用経済学研究]

応用経済学研究 第8巻

現代の学問的潮流を踏まえ、経済学の様々な応用分野の研究を促進することを目的とし、現実の経済社会の課題の解決を目指す学術雑誌。

著者、編者、訳者など 日本応用経済学会
ジャンル 経済
ISBN 978-4-326-54707-4
出版年月 2015年3月
判型・ページ数 B5判・128ページ
定価 本体4,700円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

〔内容〕上口晃「Consumption Tax as a Stabilization Source for Equilibrium Indeterminacy」、前鶴政和「越境汚染、戦略的環境政策とロビイングについて」、成生達彦・李東俊「不完備情報のもとでの流通費用削減投資」、福井昭吾「分割表が利用できない状況における所得と年齢の同時分布のGMM推定」、ほか論文7編を収録。

このページのトップへ

目次

[論文]
Consumption Tax as a Stabilization Source for Equilibrium Indeterminacy  Akira Kamiguchi

越境汚染、戦略的環境政策とロビイングについて  前鶴政和

不完備情報のもとでの流通費用削減投資 
  ―二重マージン回避と投資誘因の間のトレードオフとその解消  成生達彦・李東俊

分割表が利用できない状況における世帯主の所得と年齢の同時分布のGMM推定  福井昭吾

仲介者と取引するトレーダーの曖昧性忌避とリスク回避 
  ―経済実験による検証  藤倉崇晃・小川一仁・秋山英三

垂直的差別化された複占市場での税区分を用いた最適税制  荒川潔

医療用医薬品流通における交渉力と薬価基準制度  丹野忠晋・林行成

このページのトップへ