ホーム > 連携と離反の東アジア

連携と離反の東アジア [アジア比較社会研究のフロンティア]

連携と離反の東アジア

アジアの人びとはみずからの過去や現在、未来をどのように見ているのか。社会心理の分析から経済統合の政治的帰結について考察する。

著者、編者、訳者など 園田 茂人 編著
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-65392-8
出版年月 2015年3月
判型・ページ数 四六判・276ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

アジアにおける英語化の進展は、アジア人としてのアイデンティティを強化させることになるのか。また、日本をはじめ、多くのアジア諸国が、みずからのソフト・パワーを利用して、他国への影響を及ぼそうとしているが、アジアの人びとの「心の国境」は変容しているのか。逆にこれが、アジアの分断とナショナリズムを強化しているのか。

このページのトップへ

目次

序章 アジア地域統合研究への社会学的アプローチ[園田茂人]

第1部 中国の台頭がもたらすインパクト

第1章 中国の台頭はアジアにどう認知されているか[園田茂人]
 1 台頭中国への異なる視線?
 2 調査結果に見る「中国の脅威」
 3 おわりに──中国脅威論を超えて

第2章 東南アジアの対日・対中認識──日本社会に潜む二つのファラシー[向山直佑・打越文弥]
 1 はじめに
 2 第一のファラシー
 3 第二のファラシー
 4 ファラシーの淵源はどこに
 5 おわりに

第3章 越境する中国への受容と反発──アジア六カ国のデータから問い直す接触仮説[木原 盾・上野雅哉・川添真友]
 1 越境する中国
 2 中国からの越境への受容と反発
 3 接触仮説をめぐるデータの検証
 4 変数の操作的定義と分析
 5 考察
 6 おわりに

第2部 アジアにおける流動性の高まりとその帰結

第4章 英語化するアジア?──アジアの学生に見る言語意識[井手佑翼・寶 麗格]
 1 はじめに
 2 グラッドルの三つのシナリオ
 3 調査概要と結果
 4 分析と考察
 5 おわりに

第5章 アジアの域内留学は活発化するか──留学志向の比較社会学[西澤和也・田代将登]
 1 はじめに─高まる留学熱
 2 留学に関する先行研究
 3 アジア学生調査の利用
 4 アジアの留学はどこへ向かうのか
 5 おわりに─多様化するアジアの留学

第6章 日系企業を好んでいるのは誰か──企業選好の心理メカニズム[園田 薫・永島圭一郎]
 1 はじめに
 2 日系企業の強みが人材を引き付ける?
 3 先行研究
 4 データ
 5 分析
 6 誰が日系企業を好むのか
 7 おわりに

第3部 東アジア共同体への胎動?

第7章 ジャパン・ポップはソフト・パワーとして機能するか──映像コンテンツ視聴による対日イメージの変化に関する分析[町元宥達]
 1 はじめに
 2 理論的背景と先行研究
 3 データと分析手法
 4 結果
 5 考察
 6 おわりに

第8章 東アジア共同体成立の心理的基盤を探る──アジア人意識への社会学的アプローチ[園田茂人]
 1 はじめに
 2 国・地域によって異なるアジア人意識の強さ
 3 アジア人意識を生み出す要因
 4 自国民としての誇りがアジア人意識を生む
 5 アジア人意識は反英米意識の象徴か?
 6 日本におけるアジア人意識の「停滞」
 7 おわりに

第9章 学生の意識に見るアジア統合の展望──アジア人意識と脅威認識を軸として[麦山亮太・吉川裕嗣]
 1 はじめに
 2 データと変数
 3 政治経済状況が学生の意識に与える影響
 4 脅威認識から見るアジア統合の道筋
 5 おわりに

文献一覧

このページのトップへ