ホーム > コメニウスの世界観と教育思想

コメニウスの世界観と教育思想

17世紀における事物・言葉・書物

コメニウスの世界観と教育思想

近代学校の構想を打ち立てたとされる17世紀の思想家コメニウス。彼の教育思想と背景にある世界観を、テクストを分析し再解釈する。

著者、編者、訳者など 北詰 裕子
ジャンル 教育・心理
ISBN 978-4-326-25100-1
出版年月 2015年1月
判型・ページ数 A5判・404ページ
定価 本体7,200円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

コメニウスは、世界初の子ども向け絵入り教科書、『世界図絵』を編纂した。彼の思考を辿ると、「学校」や「教科書」はいかなる意味において「教育」を成り立たせているのか、という問いに行き着く。コメニウスの教育思想を参照することは、我々が自明とする、現実の教育に関する捉え方を相対化し、省察を深める際に今なお有効である。

このページのトップへ

目次

はしがき

序章 17世紀における言語と世界伝達 -コメニウスの位置づけをめぐって-
 第1節 コメニウスの課題
 第2節 コメニウス研究の現在
 第3節 本書の課題と方法

第Ⅰ部 コメニウスにおける文字 -事物主義の内実とは何か-
 問題設定:近代教育学におけるコメニウスの位置づけから

第1章 17世紀普遍言語構想におけるコメニウスの位置づけ
 はじめに
 第1節 17世紀普遍言語構想とは何か -ロイヤル・ソサエティとコメニウスにおける言語改革への関心
 第2節 言語学における「前近代」、教育学における「近代」 -コメニウスの二つの位置づけ
 第3節 17世紀的な「言葉と事物の乖離」、「視覚の強調」の文脈から
 結びに代えて

第2章 17世紀普遍言語構想における事物・観念・言葉
 はじめに
 第1節 コメニウスにおける普遍言語像
 第2節 コメニウスの普遍言語像を規定する事物認識
 第3節 ウィルキンズにおける普遍言語作成の原理 -観念に基づく分類表
 結びに代えて

第3章 事物が視覚化された図絵・観念が視覚化された文字 -世界像の二つの伝達形式-
 はじめに
 第1節 普遍言語としての図絵 -コメニウスと『世界図絵』
 第2節 観念の視覚化としての普遍言語 -ウィルキンスにおける実在的概念文字と哲学的言語
 第3節 図絵と文字 -二つの秩序
 結びに代えて

第Ⅱ部 コメニウスにおける声 -事物主義を超えるもの-
 問題設定:17世紀における言語観の変容・修辞学の再編の中で

第4章 コメニウスにおける「声」と「視覚」 -『遊戯学校』の位置づけをめぐって-
 はじめに
 第1節 『遊戯学校』というテクスト
 第2節 『遊戯学校』の特徴
 結びに代えて

第5章 『遊戯学校』における世界構造 -学校と世界の同型性-
 はじめに
 第1節 『遊戯学校』が書かれた背景
 第2節 『遊戯学校』における世界の構図 -事物・人間・宗教
 第3節 『遊戯学校』における学校の機能
 結びに代えて

第6章 コメニウスにおける世界の表象と教育的提示 -図絵・修辞・身体-
 はじめに
 第1節 『世界図絵』と『遊戯学校』における世界提示 -事物の諸相
 第2節 『世界図絵』における書物という様式
 第3節 『遊戯学校』における学校演劇という様式
 結びに代えて

第Ⅲ部 コメニウスにおける書物 -教育を成立させるもの-
 問題設定:コメニウスにおいて教育を成立させるものとしての書物

第7章 コメニウスにおける読書論の諸様相 -「書物について」から-
 はじめに
 第1節 コメニウスの読書論の位置づけをめぐって -中世・ルネサンスにおける書物と教育
 第2節 コメニウスによる「書物」の位置づけ
 第3節 読むこと、選択すること、書くこと
 第4節 あなたの書物
 第5節 「何を」読むのか
 結びに代えて

第8章 『汎教育』における書物執筆の法則 -神の三書とその手引き書としての教科書-
 はじめに
 第1節 『汎教育』における学校・書物・教育者の位置づけ
 第2節 汎書籍論 -神の三書とその手引き書としての教科書
 第3節 書物の氾濫に抗して -執筆の個別的法則と普遍的書物
 結びに代えて

第9章 透明な言語・不透明な知性 -『光の道』における光のメタファー-
 はじめに
 第1節 コメニウスにおける「光」 -認識をつかさどるものとしての
 第2節 不透明な知性 -内的な光が向かう対象
 第3節 『光の道』における言語と教育の関係性
 結びに代えて

終章 総括と今後の課題
 第1節 「神の三書」を読むために
 第2節 存在論と認識論の絡み合い
 第3節 今後の課題と展望

主要文献一覧
あとがき
人名索引
事項索引
初出一覧

このページのトップへ