ホーム > 社会意識と歴史意識

社会意識と歴史意識 [オンデマンド出版]

社会意識と歴史意識

社会独自の心理を明らかにし、その視座を歴史分析へ適用することにより社会心理史という新たな分野を切り開いた諸論考を収録する。

著者、編者、訳者など 南 博
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-98164-9
出版年月 2014年3月
判型・ページ数 四六判・516ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 

内容説明

この書籍はオンデマンド版になります。オンデマンド本は通常の書籍とは異なりますので、初めての方はこちらをご覧下さい。

『南博セレクション』は、内外の社会心理学を通してかち得た20世紀後半の日本に於ける社会と文化に対する創造的研究と活動の全仕事の中から厳選された著作集である。21世紀の幕開けに相応しい社会心理学の研究を踏まえたものであり、社会、文化、評論にかかわる研究の成果と課題がこめられている。日本社会のもつ社会心理と、社会心理学を歴史分析に適応させた社会心理史という新たな分野を切り拓いた研究・考察をまとめて収録。(2004年1月20日 第1版第1刷発行)

このページのトップへ

目次

Ⅰ 集団行動
 集団行動

Ⅱ 社会行動
 社会行動

Ⅲ 社会意識と歴史意識
 現代社会と女性心理
 資本主義的人間・社会主義的人間
 十代(ティーン・エージャー)の心理と行動
 コトバとコミュニケーション
 群衆行動と大衆運動
 デマと宣伝の心理
 流言飛語にあらわれた民衆の抵抗意識
 戦後日本の社会心理学
 社会心理学の動向
 社会心理史の対象と方法――おぼえがき
 歴史心理学の立場

解説[折橋徹彦]

このページのトップへ