ホーム > 規範論による責任刑法の再構築

規範論による責任刑法の再構築 [オンデマンド出版]

認識論的自由意思論と批判的責任論

規範論による責任刑法の再構築
著者、編者、訳者など 増田 豊
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-98158-8
出版年月 2014年3月
判型・ページ数 A5判・704ページ
定価 本体10,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 

内容説明

この書籍はオンデマンド版になります。オンデマンド本は通常の書籍とは異なりますので、初めての方はこちらをご覧下さい。

語用論的意味理論に依拠して導出された規範が刑法体系においていかなる機能を発揮し、不法論・責任論・刑罰論にとってどのような意義を有するかについて探究する。責任刑法の基盤たる規範論と(意志)自由論との一体不可分性に心の哲学からアプローチを試みるとともに、責任刑法を捨てるか維持するかという課題に正面から取り組む。(2009年2月25日 第1版第1刷発行)

このページのトップへ

目次

まえがき

第一章 規範論による刑法体系の再構成
 I  刑法規範の論理構造と刑法教義学の方法
 II 人格的不法論と責任説の規範論的基礎

第二章 規範論による行為無価値(規範的不法要素)と結果無価値(可罰的不法要素)の体系的地位と機能
 I  犯罪構成における結果の地位――シェーネ博士との対論
   <資料>ヴォルフガンク・シェーネ(増田豊訳)
   「準・故意的不作為犯における結果の地位について」
 II シュトラーテンヴェルトの二元的人格的不法論に対する批判
 III 比例の原則による規範内容の限定と行為無価値の目的論的縮小
 IV 最もラディカルな結果無価値論としての結果免責主義の言語ゲーム

第三章 規範論による志向的故意帰属
 I  人格的不法論における志向的故意帰属と因果経過の齟齬
 II 人格的不法論における択一的故意と重畳的故意

第四章 不法・責任の人格性の理論と共犯の規範構造

第五章 規範論の基盤としての認識論的自由意志論と批判的責任論
 I  意志自由問題への神経哲学的ストラテジー
 II 自由意志はイリュージョンか
 III 自由意志と心身問題
 IV 脳科学の成果をめぐる自由意志論争と刑事責任

第六章 規範論に対応する刑罰論
 I  消極的応報としての刑罰とコミュニケーション的一般予防論としての積極的一般予防論
 II 死刑論とディスクルス倫理

初出一覧
事項索引
人名索引

このページのトップへ