ホーム > 欧米演劇を探る

欧米演劇を探る [オンデマンド出版]

オペラ・ミュージカル・ロンドン演劇

欧米演劇を探る
著者、編者、訳者など 玉崎 紀子
酒井 正志
ジャンル 文学・芸術・ノンフィクション
ISBN 978-4-326-98138-0
出版年月 2013年10月
判型・ページ数 A5判・216ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 オンデマンド制作
 

内容説明

この書籍はオンデマンド版になります。オンデマンド本は通常の書籍とは異なりますので、初めての方はこちらをご覧下さい。 

本書は「欧米演劇を探る」ことを共通テーマとして、2つの論考から成り立っている。 第Ⅰ部では「音楽劇──特に喜劇的な音楽劇」の変化を「探る」。まず、「コメディア・デラルテ」がどのようなものかを明らかにし、次に、その伝統を継承した「オペラ・プッファ」を分析する。最後に、ミュージカル『キス・ミー・ケイト』がいかに「コメディア・デラルテ」を用いているかを検討する。 第Ⅱ部では、ロンドンの現代演劇を「探る」。特に、20世紀最後の10年間にロンドンのミュージカルと演劇に何が起きたかを明らかにする。(2002年4月1日第1版第1刷発行)

このページのトップへ

目次

第Ⅰ部 喜劇的な音楽劇

第1章 喜劇的な音楽劇の祖:コメディア・デラルデ
 はじめに
 1 コメディア・デラルデとは何か
 2 「デラルデ様式」による公演の最古の記録
 3 コメディア・デラルデを用いた音楽劇『アンフィパルナーゾ』
 むすび
 補遺

第2章 オペラ『シンデレラ』にみられる賢い小間使
 はじめに
 1 コメディア・デラルデを用いたオペラ・バッファ誕生
 2 『シンデレラ』の主題
 3 音楽劇としてのロッシーニのオペラ『シンデレラ』
 むすび
 補遺

第3章 『じゃじゃ馬ならし』から『ミス・ミー・ケイト』へ
 はじめに
 1 『じゃじゃ馬ならし』と『ミス・ミー・ケイト』
 2 ミュージカル『ミス・ミー・ケイト』
 むすび

第Ⅱ部 ロンドン演劇の潮流―20世紀最後の10年

 はじめに
 1 ロンドンミュージカルの今
 2 ロンドン演劇の今
 おわりに

あとがき

このページのトップへ