ホーム > フーコーの法

フーコーの法

フーコーの法

フーコーはほんとうに法を排除したのか? 従来の「フーコーと法」研究に異議を申立て、研究領域の革新とともに、再創造を企てる。

著者、編者、訳者など ベン・ゴールダー
ピーター・フィッツパトリック
関 良徳 監訳
小林 智
小林 史明
西迫 大祐
綾部 六郎
ジャンル 哲学・思想・倫理
法律
ISBN 978-4-326-15431-9
出版年月 2014年9月
判型・ページ数 四六判・256ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

排除テーゼ──。フーコーは規律訓練権力や生権力を近代の権力形態とし、一方で権力論から法や主権の概念を排除したとされる。著者らはその先入観を排し、「決定と応答」という法の二重性から読み解くことで、新しい補助線を彼の思想に提供した。ポストモダン法学に革新的な展開をもたらすだけでなく、もはやフーコーへの挑発である。

このページのトップへ

目次

はじめに
謝辞

第一章 オリエンテーション―フーコーと法
 1 「排除テーゼ」
 2 フーコーを救出/再読する
 3 結論

第二章 フーコーの別の法
 1 関係のなかの法
 2 フーコーの法―抵抗、侵犯、法
 3 法の多価的な空虚
 4 結論

第三章 法の未来
 1 エワルドと社会的なものの近代主義的閉鎖
 2 フーコー的倫理の近代性
 3 結論―社会性の法


訳者あとがき
索引

このページのトップへ