ホーム > 「女子」の誕生

「女子」の誕生

「女子」の誕生

「女子」を着る、「女子」を生きる。姫・ガール・美魔女、常識や年齢を軽やかに飛び越えるファッション誌の「女子」を読み解く。

著者、編者、訳者など 米澤 泉
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-65389-8
出版年月 2014年7月
判型・ページ数 四六判・244ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

年齢を重ねても、好きな格好をしたい。いま、女性たちは、自覚的に「女子」を名乗る。ファッションや化粧という極めて表層的な手段は、「女子力」という名の、女性たちが自由に生きていくための原動力になっていることを、『Sweet』『InRed』『GLOW』『VERY』『美ST』等ファッション誌の分析から明らかにする。

このページのトップへ

目次

はしがき

序章 ファッション誌的「女子」論
 1 「女子」ブームと「女子力」
 2 モード誌とファッション誌
 3 日本のファッション誌とは
 4 ファッション誌研究の現状
 5 腐女子でも文化系女子でもなく

第一章 「女子」の誕生
 1 二八歳、「常識」を超えて
 2 シミュラークルとしてのガール
 3 良妻賢母はもう飽きた?

第二章 「大人女子」という生き方
 1 自己肯定と脱良妻賢母 『GLOW』を読む
 2 四〇代の恋と結婚『DRESS』を読む
 3 雑誌育ちの「大人女子」

第三章 『VERY』な主婦は「幸せ」か――「新専業主婦」の二〇年
 1 二人の「カリスマ主婦」チコさんとタキマキ
 2 「コマダム」から「ワーママ」へ「家族が一番、仕事が二番」
 3 「美魔女」の逆襲「恋愛」という名の美容液

第四章 ファッション誌の「女子力」
 1 「不思議ちゃん」と「女子」戸川純からきゃりーぱみゅぱみゅへ
 2 「女子」 を着る、「女子」を生きる
 3 装いの力としての「女子力」

終章 仮装と武装「女子」的蜷川実花論
 1 コスメと「女子」と『ヘルタースケルター』
 2 ファッション誌の「ニナミカ」
 3 「女子」を生きる「ニナミカ」
 4 仮装と武装

あとがき
参考文献
索引

このページのトップへ