ホーム > ドクター・ジュノーの戦い

ドクター・ジュノーの戦い

エチオピアの毒ガスからヒロシマの原爆まで

ドクター・ジュノーの戦い
著者、編者、訳者など M.ジュノー
丸山幹正
ジャンル 福祉・医療
ISBN 978-4-326-75052-8
出版年月 1981年6月
判型・ページ数 四六判・304ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

今世紀の文明が犯しうる極限的な残虐現場の最前線に出かけていき,その被害者の生命を救うために献身した医師ジュノーの「実戦」記録。

このページのトップへ

目次

序文
一九三五年十月

Ⅰ エチオピア
一 《カイ・マスカル》
二 デッシエ爆撃
三 スウェーデン野戦病院壊滅
四 《アビート……アビート……》
五 《シフタ》
六 見捨てられた街

Ⅱ スペイン
七 《カマラーダスとカバレロス》
八 捕虜交換
九 開門

Ⅲ 第二次世界大戦
十 一九三九年九月
十一 《彼らは理解しようとしない》
十二 十対一
十三 さまよう家族
十四 白い巨船……
十五 アルカディアの惨劇
十六 要塞と牢獄

Ⅳ 日本
十七 極東への道
十八 獄舎の人々
十九 大森収容所
二十 死の街
二十一 そして人々は……
二十二 第三の兵士

訳者あとがき

このページのトップへ