ホーム > 中絶技術とリプロダクティヴ・ライツ

中絶技術とリプロダクティヴ・ライツ

フェミニスト倫理の視点から

中絶技術とリプロダクティヴ・ライツ

外国ではすでに「廃れた」中絶技術が、日本で今なお用いられているのはなぜなのか? 新たな視点から現代日本の〈中絶〉を問い直す。

著者、編者、訳者など 塚原 久美
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-60265-0
出版年月 2014年3月
判型・ページ数 A5判・324ページ
定価 本体3,700円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

吸引と中絶薬という安全な中絶技術が国際的な標準となるなか、日本では今も拡張掻把法が主な中絶手段とされている。こうした事態の裏には、中絶をタブーとする人々の意識の問題がある。本書では避妊と中絶を「生殖コントロール技術」と位置づけて世界と日本における実態を論じ、フェミニスト倫理の観点から女性の健康と権利を論じる。

このページのトップへ

目次

はしがき

Ⅰ 生殖コントロールの科学と技術

第1章 胎児の可視化と妊娠の科学
 1 胎児の発見
 2 胎児の可視化
 3 胎児生命の科学
 4 妊娠の科学
 5 妊娠という経験

第2章 避妊の技術とその変遷
 1 避妊方法の発達
 2 避妊ピルと子宮内避妊具
 3 避妊ピル以降の避妊薬と緊急避妊
 4 避妊方法と避妊率

第3章 中絶の技術とその変遷
 1 中絶のニーズ
 2 拡張掻爬術の開発と普及
 3 真空吸引の開発と普及
 4 月経抽出法と手動吸引
 5 中絶薬の導入
 6 生殖コントロール技術の発展

Ⅱ 日本における中絶の現状

第4章 生殖コントロールをめぐる日本の状況
 1 日本の中絶傾向
 2 日本の避妊状況
 3 中絶胎児の可視化
 4 改善されない日本の中絶技術
 5 中絶薬をめぐる日本政府の情報操作

第5章 日本における中絶の法と政策
 1 堕胎罪と儒教倫理
 2 優生保護法体制
 3 フェミニストの改正案
 4 国連女性差別撤廃委員会と日本政府
 5 学校教育と胎児中心主義

Ⅲ リプロダクションをめぐる規範と倫理

第6章 人権としてのリプロダクティヴ・ヘルス&ライツ
 1 世界のリプロダクション法の動向
 2 リプロダクティヴ・ヘルス&ライツの思想的源流
 3 国際的女性運動とリプロダクティヴ・ライツ
 4 リプロダクティヴ・ヘルスの生成と発展
 5 リプロダクティヴ・ライツという概念の意義
 6 リプロダクティヴ・ライツとエンタイトルメント意識
 7 ライツからジャスティスへ

第7章 欧米における中絶の倫理
 1 従来の欧米社会の中絶観
 2 女性運動と権利としての合法的中絶
 3 女性運動への反発とプロライフ運動
 4 ロウ判決とノンフェミニストの中絶擁護論
 5 二項対立の倫理の性差別
 6 フェミニスト倫理と中絶

第8章 日本における中絶の倫理
 1 堕胎罪と母性の強制
 2 ウーマン・リブと避妊ピル
 3 ウーマン・リブと障害者運動
 4 中絶と子殺しの交錯
 5 女性の自己決定権と生命倫理
 6 中絶問題からリプロダクティヴ・ジャスティスへ

用語集
文献一覧
あとがき
人名索引
事項索引

このページのトップへ