ホーム > 中国トウモロコシ産業の展開過程

中国トウモロコシ産業の展開過程 [現代中国地域研究叢書]

中国トウモロコシ産業の展開過程

生産規模が第1位の農産物になったトウモロコシに関わる経済活動は食糧主産地の経済発展にどのような影響を与えているのだろうか。

著者、編者、訳者など 張 馨元
ジャンル 経済
ISBN 978-4-326-34898-5
出版年月 2014年3月
判型・ページ数 A5判・208ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

国内で生産規模が最大な農産物であるトウモロコシに関連する経済活動は、中国の農業経済、とりわけ食糧主産地の地域経済と農家経営に必然的に大きな影響を与えている。本書は中国の東北地域に位置する吉林省の事例を中心として、1990年代後半以降主産地におけるトウモロコシ産業の発展メカニズムと地域経済の関係について検討する。

このページのトップへ

目次

「現代中国地域研究叢書」刊行にあたって[天児慧]

序章 トウモロコシ産業と中国の農業・農村問題
 1.研究背景
 2.先行研究の整理
 3.視角と方法――トウモロコシ産業の部門とアクター
 4.本書の狙い,構成と限界――3つの問い

第1章 中央政府と省政府によるトウモロコシ政策の変遷
 1.トウモロコシの増産と「食糧販売難」
 2.食糧流通体制改革
 3.「農民増収」のための政策転換
 4.吉林省のトウモロコシ産業政策

第2章 トウモロコシ加工企業の発展
 1.3つの加工分野――食品,飼料,化学工業
 2.中国におけるトウモロコシ需給構造の変化
 3.吉林省におけるトウモロコシ加工部門の発展
 4.伝統セクター――飼料・食品加工の2大企業
 5.新興セクター――化学工業の3大企業
 6.まとめ

第3章 トウモロコシ農家の経営状況
 1.トウモロコシ生産の収益状況
 2.農家所得の変化――全国と吉林省の比較
 3.農家経営に関するアンケート調査の結果
 4.トウモロコシ生産を継続する理由
 5.まとめ

第4章 トウモロコシ流通企業と「経紀人」
 1.流通経路の変化
 2.経紀人
 3.国有食糧企業
 4.民間食糧企業
 5.まとめ

第5章 トウモロコシ産業の部門間関係
 1.「政策メカニズムに基づく相互関連」
 2.「市場メカニズムに基づく相互関連」

終章 結論と今後の課題
 1.トウモロコシ産業の展開過程
 2.3つの問いの解明
 3.地域経済の課題――トウモロコシ産業の発展を左右する外的要因

補論 トウモロコシ貿易部門の変化
 1.トウモロコシの貿易状況
 2.国有食糧企業の役割
 3.加工製品の貿易状況
 4.まとめ

参考文献
あとがき
索引
著者略歴
張馨元(チョウ シンエン)
1980年 中国吉林省生まれ
2006年 名古屋市立大学経済学部卒業
2012年 東京大学大学院経済学研究科博士課程修了
現在 東京大学東洋文化研究所助教(経済学博士)

このページのトップへ