ホーム > 実在論と知識の自然化

実在論と知識の自然化

自然種の一般理論とその応用

実在論と知識の自然化

なぜ世界についての知識が成立するのか。この哲学史上の難題に自然主義の立場から挑み、一貫した実在論から知識の自然化を目指す。

著者、編者、訳者など 植原 亮
ジャンル 哲学・思想・倫理
ISBN 978-4-326-10227-3
出版年月 2013年12月
判型・ページ数 A5判・356ページ
定価 本体5,700円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

世界が私たちに認識できるものである限り、それは私たちの認識する通りのあり方をしているのではないか? この素朴な見方を理論的に整備するために、本書では自然種の一般理論を構築し、世界を実在的対象からなるものと捉える見方を擁護する。またこの理論を認識にも適用し、知識の自然化を目指す。科学哲学の俊英による理論的冒険!

このページのトップへ

目次

目次

序章 自然主義の体系化に向けて
 1 世界と認識の謎
 2 実在論の予備的素描
 3 問題設定と本書の構成

Ⅰ 実在論の基本的枠組み――自然種の一般理論

第一章 自然種論の系譜
 1 ロックの種の理論
 2 帰納的一般化の理論
 3 本質主義へ
 4 自然種の一般理論へ

第二章 理論的問題
 1 実在性
 2 メカニズムと実在性をめぐる問題
 3 分類の多元性・実在論・自然化された認識論

Ⅱ 応用問題――個別領域への適用

第三章 生物種の存在論を構築する
 1 個体説
 2 個体説批判とその収容
 3 問題点の検討
 4 実在的対象の伝統的区分について――「個体と種」「類と種」

第四章 人工物は(どこまで)実在するのか
 1 実在論の理論図式とその検討
 2 独自性テーゼとその検討
 3 成熟した実在論への方向
 4 問題点の検討

Ⅲ 知識の自然化

第五章 認識論の自然化
 1 確実性の探究からの心理主義への転換
 2 知識の定義をめぐる問題から心理主義の復興へ
 3 知識の自然種論へ

第六章 知識を世界に位置づける
 1 知識の自然種論
 2 認識論的ニヒリズム――多様性からの議論
 3 知識の多様性を収容する――生物学的観点の徹底

第七章 拡張する知識
 1 信頼性主義のさらなる外在主義的性格
 2 環境改変活動の位置づけ
 3 知識は拡張する
 4 理由の空間

第八章 知識のメカニズムと理論的統一性
 1 メカニズムの解明へ
 2 人間の知識を捉える
 3 問題点の検討

結論

あとがき
文献一覧
事項索引
人名索引

著者略歴
 1978年 埼玉県に生まれる
 2008年 東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学 博士(学術、2011年)
 現 在 関西大学総合情報学部准教授
 著 書 『脳神経倫理学の展望』(共著、勁草書房、2008年)
     『脳神経科学リテラシー』(共著、勁草書房、2011年)
     『道徳の神経哲学』(共著、新曜社、2012年)ほか
 訳 書 T・クレイン『心の哲学』(勁草書房、2010年)
     P・S・チャーチランド『脳がつくる倫理』(共訳、化学同人、2013年)

このページのトップへ