ホーム > オバマの医療改革

オバマの医療改革

国民皆保険制度への苦闘

オバマの医療改革

増え続ける医療難民にアメリカはどう立ち向かうのか。無保険者削減をめざす制度の全体像、意義と課題、今後の展望について考察。

著者、編者、訳者など 天野 拓
ジャンル 福祉・医療
ISBN 978-4-326-70079-0
出版年月 2013年10月
判型・ページ数 A5判・368ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

米国史上はじめて全国民に保険加入を義務付けたオバマの医療制度改革法。当初公的保険による皆保険制度を目指していた改革はどんな政治的対立を経て法案を成立させたのか。民間保険をベースにした点で独特の「米国型」皆保険制度とでも表現できるその制度の全体像、意義と課題、そして今後の展望について考察する。

このページのトップへ

目次

はじめに

第1章 医療改革の歴史と医療保障制度の現状
第1節 医療改革の歴史的展開
第2節 公的医療保障の限定性
第3節 民間医療保険の中心性
第4節 無保険者

第2章 オバマ政権の医療改革の概要と特質
第1節 改革の成立過程と主な内容
第2節「パブリック・オプション」案の挫折
第3節 メディケア拡張案の失敗

第3章 改革をめぐる政治的対立とその超克-民主党を中心に
第1節 民主党の変容
第2節 クリントン政権の医療改革をめぐる党内対立
第3節 改革成立の背景

第4章 オバマ改革の残された課題(1)-政治的な課題
第1節 両極化される米国政治-共和党の保守化と反対
第2節 訴訟問題と分裂する世論
第3節 実施面での混乱

第5章 オバマ改革の残された課題(2)-医療面での課題
第1節 米国における医療費の高騰
第2節 不十分なコスト抑制措置
第3節 メディケアの民営化-その意味するもの

第6章 現代米国医療政策の課題

おわりに

このページのトップへ