ホーム > アメリカ連邦議会

アメリカ連邦議会 [ポリティカル・サイエンス・クラシックス]

選挙とのつながりで

アメリカ連邦議会

政治家は再選をめざして、自らの功績を主張し、立場を表明し、そして自らを宣伝する。政治学に影響を与えてきた古典を遂に完訳。

著者、編者、訳者など デイヴィッド・メイヒュー
岡山 裕
ジャンル 政治
ISBN 978-4-326-30221-5
出版年月 2013年8月
判型・ページ数 A5判・160ページ
定価 本体3,100円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

議会議員たちはひとたび当選すると、再選のことで頭がいっぱいになる。そのために彼らは、自らの功績を主張し、立場を表明し、そして自らを宣伝する。本書では合理的選択論にもとづいて、これら議員の活動を再選のインセンティブから演繹的に説明する。議会研究のフロンティアを切り拓き、政治学に多大な影響を与えてきた名著!

このページのトップへ

目次

ポリティカル・サイエンス・クラシックス 刊行にあたって
日本語版への序文
序文
第二版へのまえがき
謝辞



第1部 選挙による動機づけ

第2部 過程と政策

訳者あとがき
事項索引
人名索引

著者紹介
デイヴィッド・メイヒュー(David R. Mayhew)
1937年生まれ。1958年にアメリカ・アマースト大学政治学部を卒業。1964年にハーヴァード大学でPh.D.(政治学)を取得。その後,イェール大学政治学部助教授などを経て,
現在:イェール大学政治学部教授。専門は政治学,アメリカ政治。
主著:Partisan Balance: Why Political Parties Don’t Kill the U.S. Constitutional System(Princeton University Press, 2011),
   Parties and Policies: How the American Government Works(Yale University Press, 2008),
   Electoral Realignments: A Critique of an American Genre(Yale University Press, 2002),
   Divided We Govern: Party Control, Lawmaking, and Investigations, 1946─2002, 2nd ed.(Yale University Press,[1991]2005).

訳者紹介
岡山裕(おかやまひろし)
1995年に東京大学法学部を卒業。2004年,博士(法学・東京大学)。東京大学大学院総合文化研究科助教授,慶應義塾大学法学部准教授などを経て,
現在:慶應義塾大学法学部教授。専門はアメリカ政治および政治史。
主著:『アメリカ二大政党制の確立──再建期における戦後体制の形成と共和党』(東京大学出版会,2005年,アメリカ学会清水博賞受賞),
   『アメリカの政治』新版(共著,弘文堂,2013年)など。

このページのトップへ