ホーム > 電子商取引法

電子商取引法

電子商取引法

電子商取引にかかわる法的諸問題について現状と問題点をわかりやすく解説し、健全なビジネス発展するための環境整備の方向性を示す。

著者、編者、訳者など 松本 恒雄
齋藤 雅弘
町村 泰貴
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-40284-7
出版年月 2013年7月
判型・ページ数 A5判・516ページ
定価 本体4,400円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

近年増大し重要性を占めている電子商取引であるが、その新たな法分野について包括的、網羅的に解説を施す。契約の成立、本人認証、決済、履行トラブル・システム障害、紛争処理等いかなるビジネスにも共通の課題の総論と、通販・ショッピング、モール、オークション、情報財・コンテンツ取引等ビジネスモデル別の各論からなる。

このページのトップへ

目次

はしがき

第1部 総論

第1章 契約の成立
 第1節 電子商取引における広告
 第2節 電子契約の締結と成立時期
 第3節 電子契約における意思表示の瑕疵
 第4節 電子契約の行為能力
 第5節 電子契約の代理権とアクセス権限

第2章 契約の方式
 第1節 約款
 第2節 書面性

第3章 本人確証
 第1節 本人および同一性識別の意義
 第2節 IDの意義
 第3節 ID認証上のトラブル
 第4節 本人確認の義務
 第5節 ID認証情報の漏洩と行政監督
 第6節 知的財産権としてのID認証情報の保護
 第7節 IDの無権限取得および無権限使用(なりすまし)とその刑事責任
 第8節 電子署名

第4章 代金決済
 第1節 代金決済の方法と時期
 第2節 資金決済法
 第3節 電子マネー
 第4節 ポイント
 第5節 電子金融取引における誤振込みと無権限取引

第5章 履行障害・トラブル
 第1節 電子商取引における履行障害・トラブルの全般的状況
 第2節 履行障害・トラブルにおける関係者の責任
 第3節 システム障害による履行障害──システム障害による取引機械の喪失を中心に
 第4節 クラウドコンピューティングのシステムダウンと責任問題

第6章 紛争処理
 第1節 デジタル証拠の証拠能力、証拠調べ方法
 第2節 ADR
 第3節 その他の電子商取引紛争上の課題

第7章 国際取引
 第1節 準拠法
 第2節 行政・刑事規制の渉外的側面
 第3節 国際裁判管轄

第8章 個人情報の保護
 第1節 個人情報保護法の適用
 第2節 個人情報取扱事業者の義務
 第3節 違反事業者への対応──主務大臣の関与と罰則
 第4節 表示義務と法定公表事項

第2部 各論

第11章 インターネット通販
 第1節 インターネット通販の実情と取引の特質
 第2節 インターネット通販と契約
 第3節 インターネット通販の法規制

第12章 インターネットモール
 第1節 インターネットモール
 第2節 インターネットモールの利用
 第3節 モール運営事業者、出店者および消費者の関係
 第4節 モール運営事業者の責任
 第5節 まとめにかえて

第13章 インターネットオークション
 第1節 インターネットオークションの仕組み
 第2節 オークション事業者と利用者の法律関係
 第3節 インターネットオークション取引の当事者間の法律関係

第14章 情報財・コンテンツのダウンロード
 第1節 情報財取引の実情
 第2節 情報財取引に関わる当事者とその間の法律関係

第15章 コミュニティビジネス
 第1節 SNSとソーシャルアプリの法律問題
 第2節 情報共有・交流サービス
 第3節 クウラドコンピューティング
 第4節 フィルタリングと自主規制
 第5節 ネットゲームにおける法的諸問題

第16章 ネットを利用した詐欺的取引
 第1節 詐欺的取引総論
 第2節 詐欺的取引各論

事項索引
裁判例索引
執筆者紹介

このページのトップへ