ホーム > 子どもと〈遊び〉

子どもと〈遊び〉 [中京大学文化科学叢書]

子どもと〈遊び〉

子どもと<遊び>はどのように表象されてきたのか。古文、漫画、アニメ、古い資料の分析、クリエイターの実体験から浮き彫りにする。

著者、編者、訳者など 酒井 敏
ジャンル 文学・芸術・ノンフィクション
ISBN 978-4-326-84869-0
出版年月 2013年3月
判型・ページ数 A5判・216ページ
定価 本体3,400円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

さるがう/少年はなお夢に戦う──日清戦争ごっこ試論/「ドラえもん」に見る「夢」のかたち──「ドラえもん」における普遍的なメッセージに関する一考察/「超合金」少年たちのもとめた手ごたえの先に──玩具「超合金」のもたらした意味/資料:学校劇文献目録/鼎談:文化の創造は〈遊び〉から

このページのトップへ

目次

さるがう――日本における遊び文化の基底[原由来恵]
 はじめに
 1 「遊び」の本質
 2 「さるがう」
 3 「さるがう」と遊び
 おわりに

少年はなお夢に戦う――日清戦争ごっこ試論[甘露純規]
 はじめに
 1 西南戦争ごっこ3
 2 日清戦争ごっこ
 3 戦争ごっこと学校教育
 おわりに

「ドラえもん」に見る「夢」のかたち――「ドラえもん」における普遍的なメッセージに関する一考察[髙塚雅]
 はじめに
 1 「ドラえもん」研究の環境について
 2 忌避すべき将来と望ましい未来のたゆたいの中にある現在
 3 ドラえもんは子守ロボットか?
 4 躓きの体現者としてののび太
 おわりに

「超合金」少年たちのもとめた手ごたえの先に――玩具「超合金」のもたらした意味[鶴田武志]
 はじめに
 1 テレビアニメ「マジンガーZ」という企画の画期性
 2 各業界の戦略とその連動から見えてくるもの
 3 「超合金」のイメージの定着と波及効果――川北紘一監督「超合金」CFによるブランディング
 おわりに

資料 学校劇文献目録――大正一〇(一九二一)年から大正一三(一九二四)年まで[服部宏昭]
 はじめに
 1 新聞メディアと教育行政との関わり
 2 教育者たちの学校劇観
 3 学校劇文献目録

鼎談 文化の創造は<遊び>から[渡部裕子、深月ともみ、酒井敏]
 ゲストお二人のお仕事
 絵画表現をめぐって
 ごっこ遊びとテレビゲーム
 プロとアマチュア
 余裕(ゆとり)と過剰
 縛り、ルール、禁忌の侵犯
 外遊び/自然が教えてくれたもの
 人間にはそれぞれ違いがある
 自己責任/経験と知恵
 自己形成の基礎
 
編集を終えて

このページのトップへ