ホーム > アジア地域統合学 総説と資料

アジア地域統合学 総説と資料 [総合研究シリーズ]

アジア地域統合学 総説と資料

本講座の中心、GIARI(アジア地域統合のための世界的人材育成拠点)型アジア統合学を地域統合学、国際関係の視点から論じる。

著者、編者、訳者など 天児 慧 編著
松岡 俊二 編著
平川 幸子 編著
堀内 賢志 編著
ジャンル 政治
経済
ISBN 978-4-326-54628-2
出版年月 2013年3月
判型・ページ数 A5判・340ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

本巻は、研究ガイドとして位置づけられる。前半は、アジア地域協力・統合の研究において重要な論点を追究する5つの論文を掲載している。後半は、研究に役立つ資料として、年表や文献案内、経済データ、条約や宣言文のテキストなどを収録している。「アジア地域統合講座」すべてのシリーズを読むのに役立つ一冊だといえよう。

このページのトップへ

目次

刊行にあたって[天児慧]

第1部 アジア地域統合学とは何か

第1章 GIARI型アジア地域統合学とその意味[天児慧]
 1. はじめに:東日本大震災の教示
 2. 関係・態制分析アプローチとしての「地域研究」
 3. 基底態制のコアとしての「アジア的なるもの」
 4. GIARIモデルによるアジア統合学への接近
 5. おわりに:GIARIモデルから考えるアジア統合の展望

第2章 地域統合の理論とアジア――地域複合体と地域国際社会のはざまで[山本吉宣]
 1. はじめに
 2. 地域統合の理論:内容と範囲
 3. 地域ガバナンスの類型:政治統合/ガバナンス
 4. アジア太平洋,東アジア
 5. おわりに

【アジア地域統合研究とサステイナビリティ】
第3章 アジアの環境問題と地域協力――社会的環境管理能力の向上と地域環境制度の課題[松岡俊二・堀内賢志]
 1. はじめに
 2. アジアの環境問題がはらむ困難
 3. 東アジア諸国における社会的環境管理能力
 4. 東アジアにおける地域環境協力制度の有効性と限界
 5. 東アジアの環境制度とその特徴・限界
 6. おわりに

【アジア地域統合研究とネットワーク】
第4章 東アジアFTAの国際政治――安全保障と経済ネットワークのジレンマ[浦田秀次郎・平川幸子]
 1. はじめに
 2. 国際システムからのアプローチ
 3. 各国のFTA政策
 4. おわりに

【アジア地域統合研究とアイデンティティ】
第5章 アジア市民の共同体――何が地域アイデンティティをつくるのか[飯田健・勝間田弘]
 1. はじめに
 2. どの国の人々が共有するのか
 3. 何により形成されるのか
 4. おわりに

第2部 図説・資料編

1. 基礎データ一覧

2. アジア関係年表

3. アジア連帯・協力・統合をめぐる重要史料

4. アジア統合図説

5. Asia Vision調査

6. 文献案内

このページのトップへ

関連書籍

アジア地域統合の展開

アジア地域統合の展開

松岡俊二・勝間田弘 編著

著者:松岡 俊二 編著
勝間田弘 編著
 
グローバリゼーションとアジア地域統合

グローバリゼーションとアジア地域統合

浦田秀次郎・金ゼンマ 編著

著者:浦田秀次郎 編著
金ゼンマ 編著
 
 

このページのトップへ